« 2010年9月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年11月

2010年11月25日 (木)

20年後の日本

文春新書「10年後の日本」を再読した。2005年の本なのでちょうど半分過ぎている。予測と現実を見比べながら残りの5年後、およびもっと先の将来について考えた。細かい検証は後でじっくりすることにして、中国のポジションが想像以上に大きくなっていることを感じた。そこで櫻井よしこの「異形の大国 中国」を読んだ。2005年から2008年にかけて書かれた文章をまとめたものだが、彼女の警告が現実になりつつあると改めて思った。中国が台湾を接収し、沖縄に手を伸ばし、ついには日本を接収する事態はあながち空想とばかりは言えない。今はまさかの笑い話だが、20年後に笑っていられるだろうか。でもそのときは、その事態が当然だと思う日本人ばかりになっているかもしれない。

« 2010年9月 | トップページ | 2011年1月 »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ