« ジェフリー・ディーヴァー著「追撃の森」(文春文庫) | トップページ | 不快 »

2012年8月15日 (水)

尖閣諸島への上陸強行船、島に近づく

香港から出港して尖閣諸島への上陸を強行しようとしている船が、まもなく尖閣諸島に到着する。当初の予定では台湾から共に行動しようとする船と合流する予定であったが、台湾政府の圧力で台湾からの出港は断念された。またアモイからも合流を目指して出発しようとする船も理由は不明ながら出発を取りやめた。当局の暗黙裡の圧力があったから、といっているようである。

 香港からのこの船には香港の報道陣も乗船しており、それによれば遅くとも夕方には尖閣諸島に到着する予定だという。折から台風が接近していることを理由に、台湾政府は人道的見地から特別に寄港を認め、台湾の基隆港で水と食料の補充を受けた。そして今朝まで台湾の巡視船や軍艦が周辺を警護するかたちで併走していたが、昼までに全て離れ、現在は単独で航行しているようである。

 台湾は中国のために日本と事を構えるつもりはないと思いながらも、台湾の巡視船がいつまでも併走していることに危惧を感じていたのでひとまず安心である。

 毅然としてやるべきことをすれば中国にもつけいる隙を与えることはないし、今のところ中国はそれ以上の強硬手段に出るような大義名分がないことはよく承知しているように見える。

 後は領海内に入ったら警告を繰り返し、強行上陸をしたら身柄を拘束する、と云ういつもの手順を繰り返すだけのことである。大騒ぎせず、坦々とことを行えば良いと思う。

 このような事態があることを逆手にとって、これを理由にして、定住者を置くなどの措置をタイミング良く行えば日本政府の対応は満点だと思うのだが。

« ジェフリー・ディーヴァー著「追撃の森」(文春文庫) | トップページ | 不快 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564886/55428303

この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣諸島への上陸強行船、島に近づく:

« ジェフリー・ディーヴァー著「追撃の森」(文春文庫) | トップページ | 不快 »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ