« ベリンダ・バウアー著「ダークサイド」(小学館文庫) | トップページ | 中国ウオッチ・今度はスリランカ »

2012年8月 8日 (水)

「清末見聞録(清国文明記より)」・南京の名勝・桃葉渡

 夫子廟より一町ばかりの上流に桃葉渡(とうようと)がある。晋の王献之が愛姫の桃葉に与えた歌に曰く、

  桃葉復桃葉、渡江不用楫、
  但渡無所苦、我自迎接汝、

この歌を読めば、渡しの名付けられた縁起は明白であろう。この辺りは秦淮の一支流であり、幅は三、四間しかなくでほとんど跳んで渡ることも出来そうである。風流の士、王献之があの画舫を岸に寄せて自ら客人を迎接した。何という情の深いことであろうか。「府志」には桃葉渡は古の建康の北、大江中にありと見えているが、江北廬荻の間、佳人桃葉の住処があるとは思えない。桃葉といい、秦淮といい、皆金陵にふさわしい。烏衣巷(ういこう)といい、朱雀橋といい、いずれも江南六朝の栄華を語らないものはない。しかし、烏衣巷、朱雀橋とも今は跡形もない。

« ベリンダ・バウアー著「ダークサイド」(小学館文庫) | トップページ | 中国ウオッチ・今度はスリランカ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564886/55375892

この記事へのトラックバック一覧です: 「清末見聞録(清国文明記より)」・南京の名勝・桃葉渡:

« ベリンダ・バウアー著「ダークサイド」(小学館文庫) | トップページ | 中国ウオッチ・今度はスリランカ »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ