« 愚かさもあまりある | トップページ | 「清末見聞録(清国文明記より)」・鎮江・焦山 »

2012年8月23日 (木)

原発再稼働反対運動

 国会議事堂前の原発再稼働反対運動のデモは日に日にその数を増しているという。デモは何らかの要求をアピールし、事態を要望する方向に進めるためのものだろう。と云うことで昨日その要求を野田総理に伝えるための話し合いがもたれた。この話し合いは菅直人元総理が仲介してもたれたもので、野田総理としては党内融和のために菅直人氏の顔を立てたパフォーマンスと見られる。

 何人かの代表が主張を述べ、最後に野田総理が見解を述べて話し合いは終了した。

 ある代表が興奮しながら、「我々は決して、決して、決して要求を取り下げるつもりも妥協もするつもりはない」とまず宣言して意見を述べていた。

 よくよく考えてきたのだろう、この言葉が野田総理の演説の「ネバー、ネバー、ネバーギブアップ」を踏まえていることはこの代表も言及しているから間違いない。これこそパフォーマンスそのもので大向こう受けを狙ったのかも知れない。それはそれとして、決して妥協しないと宣言して会話を始める精神とは何だろう。数を頼んで、野田総理が彼らの主張が全面的に正しく、無条件で要求を受け入れます、とひれ伏すのを期待しているのだろうか。

 もちろんその通りなのだろう。だから野田総理はその言葉を聞いた瞬間、二度とこのような話し合いは無意味と判断したものと思う。

 世の中にはいろいろな利害があり意見があって、それを調整しながらよりよい方向に向かって段階的に改善していくことしか出来ない。そのために腐心している相手に向かって「私はあなたがうんと言うまで引き下がらないぞ」といきなり宣言されても「そうですか」と答える意外に答えようがないであろうな、と思った次第である。

 ところで私はあのシュプレヒコールというのが虫酸が走るというか寒気がするというか、死ぬほど嫌いである。リーダーの音頭で皆が唱和する、などというのを見ていると恥ずかしくてその場から逃げ出したい。大昔若い頃デモというのがどんなものか知りたくて初めて参加して、あの「何々を何々せよ!」と云うのに出くわして強烈に違和感を覚えた自分に自分で驚いて、それ以来二度と近づかないようにしている。

« 愚かさもあまりある | トップページ | 「清末見聞録(清国文明記より)」・鎮江・焦山 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564886/55489028

この記事へのトラックバック一覧です: 原発再稼働反対運動:

« 愚かさもあまりある | トップページ | 「清末見聞録(清国文明記より)」・鎮江・焦山 »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ