« 無気力試合 | トップページ | 中国ウオッチ・推薦状 »

2012年8月 2日 (木)

道着スタイル

 オリンピックで柔道を見ていての私の妄言である。あくまで妄言なので御寛容いただきたい。

 ポイント制で背中をつけないとポイントにならないという。それならレスリングとどう違うのだ。いっそのことレスリングに統合したらどうだ。レスリングのフリースタイル、グレコローマンスタイル、そして道着スタイル。

 あんな力任せの闘いがどうして柔道と呼べるのだろうか。もう柔道は世界中に普及したのだからオリンピックの種目からなくなっても特に問題ないだろう。その方が日本の柔道選手も楽になるのではないか。今のように金メダルのプレッシャーに押しつぶされそうになって柔道とは名ばかりの競技で力比べをさせられているのを見るのはかわいそうだ。

 そして日本の柔道界は柔道の原点に帰って一人孤高を保っても良いのではないか。その方が東洋の神秘を維持できて奥ゆかしい。

 金メダルがなかなか取れないことへの負け惜しみではない。
 あくまで私の妄言です。

« 無気力試合 | トップページ | 中国ウオッチ・推薦状 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564886/55334625

この記事へのトラックバック一覧です: 道着スタイル:

« 無気力試合 | トップページ | 中国ウオッチ・推薦状 »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ