« 湯殿山 | トップページ | 「清末見聞録(清国文明記より)」・鎮江・揚州 »

2012年8月26日 (日)

男鹿半島と青森

Dsc_0178鶴岡のホテルの窓からの朝景色。本日は残念ながら曇り。

男鹿半島を目指す。本日の宿は青森。これが誤算であった。まず距離が思った以上に遠い。そして走る車が思った以上に遅い。男鹿半島に着く予定が大幅に遅れ、このままでは青森にはいつ着くか分からない。男鹿半島に泊まることにすれば良かった。とても景色がいいのにとにかく半島を意地で一回りしただけ。もう一度ここに泊まってゆっくり散策したい。

Dsc_0180ゴジラ岩。唯一ここだけ車を停めて写真を撮った。

Dsc_0189磯場で何か獲れそうだ。

Dsc_0191こんな景色がごろごろしているのにほとんどパス。もったいない。

田舎を走るとやたらに軽自動車が走っている。ゆっくり走り、おもむろに右折して去って行く。

男鹿半島を見てから国道7号線をひたすら青森に向かって走ったのだが、ゆったり走る車が多い上に、交差点でやたらに停まる。メインの7号と交差する道とが信号で同格になっているから赤信号が半分。当然メイン道路は車が多い上に発進が皆のんびりしているから、青信号になってもなかなか進まない。つまり赤信号で停まり、青信号でも停まるから、交差点ごとにほとんど停まる。

今晩停まる青森のホテルは駐車場が少ないという。先着順で、なければあしからず・・・と云ったってどうすればいいんだ。と云うわけで焦ったのだ。幸いその少ない駐車場を何とか確保した。

Dsc_0201青森港のカモメ。すぐ側によっても逃げない。

Dsc_0209_2夕景色の中をカモメが飛ぶ。

Dsc_0216_3青函連絡船・八甲田丸。今は観光船として港に繋留している。

Dsc_0224_2昔はこうやって線路と船がつながっていたのだ。このすぐ左手が青森駅である。

Dsc_0229左手が青森駅のホームの海側の端っこ。

« 湯殿山 | トップページ | 「清末見聞録(清国文明記より)」・鎮江・揚州 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564886/55513762

この記事へのトラックバック一覧です: 男鹿半島と青森:

« 湯殿山 | トップページ | 「清末見聞録(清国文明記より)」・鎮江・揚州 »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ