« 洪水被害 | トップページ | 怒りの鉄拳 »

2012年8月 7日 (火)

中国ウオッチ・偽の薬

11031_418

 以前にも同様の事件があったが、今回は悪質の度合いが高い。

 なんと狂犬病のワクチンの偽薬が大量に押収された。説明書と包装材を大量に用意し、生理食塩水を入れただけのものを狂犬病のワクチンとして販売していたという。日本では狂犬病の発生はほとんど無くなったので知らない人も多いが、極めて致死率の高い病気で、ワクチンが唯一の治療法である。

 中国ではこの狂犬病は昔より少ないとはいえ、まだしばしば感染例が報告されている。狂犬病は犬だけでなく、野生の動物でも猫でも咬まれると感染するし、しかも人間にも感染する珍しい病気だ。その時の唯一の救いのワクチンが偽物だと思うと恐ろしい。

 ほとんど間接的な殺人と同じだ。今回押収された数は1万9000頭分。17人が逮捕された。すでに流通したものも多数あるに違いない。

 中国では先日大々的に偽薬撲滅キャンペーンを展開して全国で2億5000万個の偽薬を押収し、1900人以上を逮捕したという。この薬には高血圧治療薬、糖尿病や癌の治療薬などが含まれていた。それには低血糖の副作用を持つ化学薬品や、鎮静剤などを含ませていたという。高度な確信犯であることが分かる。

 金儲けのためなら人の命など何とも思わない、という人間は残念ながらどこにでもいるものだ。だがこれほど多数が平然とこのようなことを行っている中国は異常である。人として踏み越えてはいけない一線を大きく踏み越えてしまった人間が続出しているように見える。これは中国全体が精神的に荒廃していることを窺わせる。中国は明らかに病んでいる。

 中国の役人をはじめとした腐敗の構造がまかり通っている社会が人心の荒廃を招いているとしか思えない。
 振り返って原発の責任を誰もとらない状況や、大津の中学生が自殺に追い込まれた事件の後の学校や教育委員会や警察の責任逃れの態度を見て、我が日本の無責任体制も社会全体に蔓延している病理に見える。
   これはいったい何をもたらすのだろうか。

 一生懸命戦って敗れた選手がメダルが取れなかったといって「ごめんなさい」と謝っている。しかし本当に謝らなければならない人は平然と人のせいにして安眠している。日本は間違った人間に対してやさしすぎる。先ず子供に「ありがとう」と「ごめんなさい」を心から言うことを教えるところから始めなければならないと思うのだが、前途は暗い。

« 洪水被害 | トップページ | 怒りの鉄拳 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564886/55370190

この記事へのトラックバック一覧です: 中国ウオッチ・偽の薬:

« 洪水被害 | トップページ | 怒りの鉄拳 »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ