« 国会に注目 | トップページ | 「清末見聞録(清国文明記より)」・南京の名勝・駐馬坡 »

2012年8月19日 (日)

損をするのは日本?

 韓国内の反日気運に迎合して李明博大統領自らが竹島に上陸し、韓国にとって存在しないはずの領土問題を、自らが世界に領土問題としてアピールすることになった。またあろうことか日本国の象徴である天皇陛下を引き合いに出して日本人の心を逆なでするような暴言を吐いた。

 これで何も対応しないと云うことはさすがの外務省も民主党政権も出来なくなり、可能な報復的措置を講ずることになった。

 日本政府は先ず第一に国際法廷に竹島の領有権の裁定についての提訴を行うことになったようである。韓国は無視すると公言しているが、そもそもこの問題を意図的に強行にアピールしているのは韓国なので(何せ政治的主張を禁止しているオリンピックの場で世界にアピールしたくらいである)、海外から見れば韓国の態度はおかしい、と受け取られるはずだ。そのように受け取られるようなメッセージを世界に向けて日本は発したら良いだろう。

  そして次に日韓通貨交換(スワップ)協定の見直しを検討しているようである。場合によっては協定の停止をしても良いと思うが、このことについて韓国側は「通貨スワップが中断しても金融市場に打撃はない」と話しているという。もし協定を破棄しても、ウォンが安くなって欧米での国際競争力がさらに上がるので韓国にとって有利であり、日本にはかえって損になるだろうという。

 この見解は強がりにしか見えないが、本当にそう思っているのだろうか。韓国の通貨の信用は、ある部分は日本が支えているとも言える。スワップ中断で、韓国がウォンが安くなると見るのは国際的にウォンの信用が低下することを自ら認めていると云うことである。そうなると輸出企業は有利になるが、韓国は通貨不安によるインフレになるおそれが高い。国民の生活が苦しくなることが考えられるのだ。

 それは韓国の社会不安につながり、さらに反日がエスカレートすることになるだろうが、もともと戦後ずっと韓国は国策で反日を続けていたので、日本にとっては昔に戻るだけである。しかも日本は反韓国政策など一度も意図的に行ったことがない。

 韓国は北朝鮮、ロシア、中国というあまり民主的と言えない国家に取り囲まれている。国家としてどの国と親和的にした方が良いか、少し考えれば分かるはずなのに自ら最も親しくすべき国と離反することを選んでしまった。日本にとっても韓国にとっても損なことだがどちらがより損失が大きいかと云えば、韓国の側であることは明らかではないだろうか。

 半島という微妙な地勢にある国として賢く立ち回ってきた国が、愚かな大統領のおかげで苦難の道に踏み迷ってしまった。そしてそれを誘発したのが日米関係を損ない、弱みを見せたことで日本という国を回り中の国から軽んじられるようにしてしまった原因を作った鳩山由紀夫という政治家であることは間違いない。愚かな人間は国を損なう。

 鳩山由紀夫は現在の日本の外交状況に対して、「私が首相だったときにはこのような国際問題は起こらなかった。私がやめてからこのような問題が頻発するようになった」と演説していた。自分が何をしたのかまったく理解する能力のない、このような恥知らずで愚かな人物を次の選挙で再選させるようなことを北海道民がすることはまさかないだろうが、もし万一再選されるようならその責任は極めて重いと云わなければならない。北海道の皆さん本当にお願いします。

« 国会に注目 | トップページ | 「清末見聞録(清国文明記より)」・南京の名勝・駐馬坡 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564886/55458063

この記事へのトラックバック一覧です: 損をするのは日本?:

« 国会に注目 | トップページ | 「清末見聞録(清国文明記より)」・南京の名勝・駐馬坡 »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ