« 「清末見聞録(清国文明記より)」・鎮江・大運河 | トップページ | 湯殿山 »

2012年8月26日 (日)

米沢・上杉神社

ゴールドライン、スカイバレー(しつこいけどもとバレーライン、前回書いたこの話はいつかは書きたかったもの)を通って米沢に入った。前回記したとおり、ここは学生時代に暮らしたところ。通称上杉公園、正式には松が岬公園は住んでいた大学の寮から歩いて二十分くらい。近くに映画館があり、よく行ったホルモン焼きの店もあって、ほとんど連日のようにここには来ていた。今は歴史資料館の立派な建物も出来て人出も多く、昔と様変わりしている。

Dsc_0114上杉公園の中のメインはもちろん上杉神社だが、これは園内入り口横の松が岬神社。

Dsc_0117こちらが上杉神社。

Dsc_0119ほらね、松が岬公園でしょ。

Dsc_0123ここは堀を渡ってすぐ左手の上杉謙信の墓の跡。この高台の上にある。謙信の遺体は越後から会津に運ばれ、その後この米沢に移された。

上杉神社は上杉景勝が越後国から、会津に移封され、さらにこの米沢に移封されたときの居城である。その後上杉氏はここを居城とした。あの直江兼続がもともと米沢を領地としていたが、そのまま主君の景勝の城として明け渡した。後、上杉鷹山が殖産して藩を立て直したことは海外でも知られている。

上杉城は天守閣を持たない。もともと天守閣の無い城はたくさんあったが、観光のために無い天守閣を建てているところもあるようだ。

Dsc_0125謙信公の遺体が埋められていたところ。

Dsc_0127_2上杉景勝と直江兼続。昔はこんな像は無かった。

Dsc_0140_2園内の片隅に蓮池があり、蓮の花が咲いていた。

Dsc_0143_2アップにしてみました。とても綺麗。泥の中にこんな綺麗な花が咲くのだ。

Dsc_0145空を見上げると入道雲。気温は34℃だという。ちょっと歩いただけで汗みずくになった。

このあと遅い昼食を食べて湯殿山に向かう。

















« 「清末見聞録(清国文明記より)」・鎮江・大運河 | トップページ | 湯殿山 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564886/55508421

この記事へのトラックバック一覧です: 米沢・上杉神社:

« 「清末見聞録(清国文明記より)」・鎮江・大運河 | トップページ | 湯殿山 »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ