« 「主任警部 アラン・バンクス」(英国ドラマ) | トップページ | 「清末見聞録(清国文明記より)」・鎮江・金山寺 »

2012年8月22日 (水)

辛淑玉著「怒らない人」(角川oneテーマ21)

 なるべく意見の異なる人の話も聞かなくてはならないと思っている。自分の世界観が影響を受けて広がる可能性があるからだ。それで思わぬ拾いものをすることもあった。だけどこの本はいけなかった。

 弱者の立場でものを見るのは結構である。しかし世界の解釈が全て弱者の立場で行われ、正義はそこにこそあるのだ、と叫ばれても、頷きようが無いではないか。何かハンディを持っていないとまっとうな人間ではない、と断罪されているような気がする。

 著者の辛淑玉(シンスゴ)女史は舌鋒鋭い論客だが、もちろん理性的で、日本人が何を考え感じているか、韓国人がどう考えるか、どちらもよくご存知である。だから一方的な物言いはしないだろうけれど私はこの人と会話が困難な気がする。彼女は会話によって相手に影響を与えようとするが、影響を受けようという気は全くないように見える。

 理知的な女史ですらこれだから韓国の人の多くとはそれどころではないのだろうな、と考えた。

 このように闘争心の旺盛な女性とは決してお近づきになりたいと思わない。向こうもそうだろうけど。正直読んでいてむかついた。

« 「主任警部 アラン・バンクス」(英国ドラマ) | トップページ | 「清末見聞録(清国文明記より)」・鎮江・金山寺 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564886/55483507

この記事へのトラックバック一覧です: 辛淑玉著「怒らない人」(角川oneテーマ21):

« 「主任警部 アラン・バンクス」(英国ドラマ) | トップページ | 「清末見聞録(清国文明記より)」・鎮江・金山寺 »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ