« 中国ウオッチ・労働コスト | トップページ | 中国ウオッチ・中国漁師の苦境 »

2012年8月 1日 (水)

中国ウオッチ・造船不況

 香港の英字紙が中国の造船業界の不況を伝えていた。

 英国の海運、造船市況の分析のデータによると、今年1~6月に受注した船隻数は182隻、昨年の同期は561隻、最盛期だった2007年の2036隻などと比べると大幅に落ち込んでいる。仕事を埋めるために修理や解体でつないでいる状態だという。

 経済は流通である、と喝破したのは宮崎市定だった(アジア史概説のテーマがそれだった)。経済が停滞すれば流通が停滞する。流通が減れば運搬手段である船舶の需要も減るのは道理である。

 その上中国の造船会社は最盛期に乱立して設備過剰、生産能力過剰が著しい。経済の停滞がなくてもかなりの造船会社は撤退する必然性があった。これで淘汰が進み、強力な会社だけが残るだろう。特に中国の場合は国策としての造船需要が一定の数確保されるので日本や韓国よりは有利なところがある。造船のように需要が大きく変動する産業は資本力がものを言うようだ。

« 中国ウオッチ・労働コスト | トップページ | 中国ウオッチ・中国漁師の苦境 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564886/55327730

この記事へのトラックバック一覧です: 中国ウオッチ・造船不況:

« 中国ウオッチ・労働コスト | トップページ | 中国ウオッチ・中国漁師の苦境 »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ