« 掃除 | トップページ | 「清末見聞録(清国文明記より)」・南京の名勝・鳳凰台 »

2012年8月10日 (金)

中国ウオッチ・インタビュー

 日本の卓球の団体女子チームが銀メダルを取ったその表彰式の時に、イギリスの取材記者が通訳を連れて福原愛選手に取材した。その通訳が話した言葉はなんと中国語だった。

 中国チームに取材するつもりで、ついでに日本選手にも取材したのであろうか。善意に取ればそうとれないこともないが、どうもその取材記者は中国人も日本人も皆中国語が話せると思っていたようだったという。たまたま愛ちゃんだから流ちょうに中国語で答えていた。

 このことがまた中国で話題になっていた。イギリス記者の無知と失礼を非難すると共にそれに反発することなく笑顔で応対した愛ちゃんの株はさらに上がっているようだ。それにしてもその記者が連れてきた通訳の中国語はお粗末で、中国人にも意味不明なことが多く、しかも愛ちゃんの言葉の通訳もかなりいい加減だったらしい。

 「もし中国選手が日本語で取材されたなら、日本語が話せても反発して、愛ちゃんのように笑顔で応対など出来ないだろう。これが日本人と中国人の違いのような気がする。日本人は偉い」と云うコメントがあった。

 そんなことに目くじらを立てない日本人の優しさを自慢していい。愛ちゃんありがとう。


 それにつけても韓国の李明博大統領の竹島訪問という暴挙は歴史に残る愚挙だと思う。日韓関係の宥和のムードを10年くらい引き戻してしまったかも知れない。韓国の一部の極端なナショナリストは多分韓国全体から見ればわずかなのだろうが、多くの人はそれに対して冷静な態度を取ることが許されない空気の中にある。

 韓国は大統領といえど、引退すると石のつぶてを以て遇される国だ。身の危険を回避するための行動だとするとなんと意気地の無い男かと思う。

 それにしても日本の政界は消費税値上げに一致団結するなら、この状況に対して国を挙げて全議員が遺憾の意の表明を即日のうちにするくらいのことをなぜしないのか。情けない。

« 掃除 | トップページ | 「清末見聞録(清国文明記より)」・南京の名勝・鳳凰台 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564886/55394468

この記事へのトラックバック一覧です: 中国ウオッチ・インタビュー:

« 掃除 | トップページ | 「清末見聞録(清国文明記より)」・南京の名勝・鳳凰台 »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ