« 「清末見聞録(清国文明記より)」・鎮江・宝蓋山 | トップページ | 陳情禁止 »

2012年8月21日 (火)

桜井進著「面白くて眠れなくなる数学」(PHP研究所)

 眠れなくなることはなかったが、面白かった。数学の奥深さを改めて教えて貰い、多くの先人の遺業も知ることが出来た。

 数について自分がイメージしている世界が極めて狭い部分であることを思い知らされた。特に印象に残ったのが大きな数についてであった。

 億や兆や京という数から10の100乗などと云う宇宙全体を著してもあまりがあるような、とてつもない大きな数まで、かなり無限大に使い処まで認識しているつもりでいた。

ところがグラハム数という、読んでも途中で目がくらんで理解が仕切れない巨大な数の話には驚いた。指数で表現しようとしても紙が足らないほどの大きさの数が語られる。コンピューターでも歯が立たない数なのだ。そしてそれよりももちろん無限大は大きい。

 それぞれをここで紹介しようとしても能力を超える。それが平易に語られていてまことに読みやすい。読みやすければ分かり易い、と行かないのは当方のバカの壁のせいで、この本の責任ではない。

 若い人には特に読んでもらいたいし、数学が嫌い、と云うのをファッションのように云うことで、数学を知らずに生きて来てしまった不幸な人にも自分がいかに損をしたかに気が付いてもらいたい。

« 「清末見聞録(清国文明記より)」・鎮江・宝蓋山 | トップページ | 陳情禁止 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564886/55473385

この記事へのトラックバック一覧です: 桜井進著「面白くて眠れなくなる数学」(PHP研究所):

« 「清末見聞録(清国文明記より)」・鎮江・宝蓋山 | トップページ | 陳情禁止 »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ