« 映画「ゲットバック」2012年アメリカ | トップページ | 過剰反応のワケ »

2013年11月28日 (木)

日本の痛みを突く

 日本の初代総理大臣であり、初代の朝鮮総督であった伊藤博文はハルビンの駅頭で朝鮮人・安重根に暗殺された。

 韓国では安重根は独立運動の英雄とされている。その安重根の像をハルビンに建てようという働きかけが韓国政府から再三中国政府に対して行われてきたが、中国政府は拒否してきた。ところが先日朴槿恵大統領が訪中した際に再度中国に懇請し、像が建てられる可能性が高まったという。

 このことは韓国のマスコミで大歓迎されているようだが、中国の一部メディアにも賛同の評論が乗せられている。その見出しが「(安重根の像をハルビンに建てることは)日本の痛みを突くものだ」。

 彼らの言う日本の痛みとは何だろう。伊藤博文を殺されたことの悔しさを言うのだろうか。記事では「日本の右傾化が日本の東アジアでの孤立を招いていることに気がつかない日本国民」などと続くことから見ると、どうも意味が違うようだ。

 どちらにしても安重根の像が建つことは、心ある日本人の多くにとって不快であることは間違いないが、痛みを突かれるというような、やましさを背景にした感情を感じるなどと言うことはあり得ない。

 もし痛みを感じるか、感じるふりをする人が思い浮かぶとすればただひとり、鳩山由紀夫くらいだろうか。多分中国メディアにとって鳩山由紀夫が普通の日本人と見えている(見ようとしている)のだろう。

« 映画「ゲットバック」2012年アメリカ | トップページ | 過剰反応のワケ »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564886/58658066

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の痛みを突く:

« 映画「ゲットバック」2012年アメリカ | トップページ | 過剰反応のワケ »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ