« 南阿蘇温泉でしゃぶしゃぶ | トップページ | 九州からの帰還 »

2013年11月21日 (木)

阿蘇・九重

Dsc_0113

南阿蘇に泊まり、朝一番で噴火口を見に行った。山頂は雲に隠れている。頂上に着いたら予想通り雲の中であった。その上噴火口への有料道路は閉鎖されている。しばらくしたら係のおじさんがやってきて、8:30からいけます、ということであった。外気温2℃。風があるのでもっと寒い。ようやく噴火口へいけたと思ったら写真のように全く見えず。

Dsc_0116

ごらんのように頂上は雪が残っている。お願い地蔵さんには何もお願いをしなかった。

Dsc_0127

広々とした野原には牛の姿が点々と見えた。阿蘇の赤牛である。

Dsc_0136

阿蘇の南側から東回りで北側へ走る。阿蘇の五峰の一番東側の根子岳。奇峰である。

Dsc_0145
阿蘇の主峰。

仙酔峡を目指す。

Dsc_0169

仙酔峡から眺めた阿蘇主峰。やはり北側は荒々しくしかも雪景色がきつい。つい数年前までここからロープウエイが噴火口まで行っていたが、今は運休中。再会の可能性はほとんどないようだ。もったいない。

Dsc_0195

榎木孝明の美術館に寄った。ここは二回目。彼の水彩のスケッチが大好きだ。前回同様、今回も一冊画集を購入した。

Dsc_0231

九重夢の橋、という吊り橋を見た。

Dsc_0225

吊り橋から見える滝。兄貴分の人の話では水量が少ないらしい。

Dsc_0229

これは反対側の展望に回り込んで見た吊り橋。揺れる。

今晩は黒川温泉が近い筋湯温泉という地熱発電所のそばの温泉宿である。

残念ながら明日は大分から四国経由で帰る。

« 南阿蘇温泉でしゃぶしゃぶ | トップページ | 九州からの帰還 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564886/58618338

この記事へのトラックバック一覧です: 阿蘇・九重:

« 南阿蘇温泉でしゃぶしゃぶ | トップページ | 九州からの帰還 »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ