« 九州からの帰還 | トップページ | 一人っ子政策と高齢者の急増 »

2013年11月23日 (土)

軍艦島

131119_7kk_5
今回の九州旅行で特に記憶に残ったものは軍艦島(端島)であった。この島を舞台にした浅見光彦の物語があったと思うが、最近では大沢在昌の「海と月の迷路」という小説がH島としてここを舞台にしたミステリーだった。最盛期には5000人以上の人が暮らしていた、という。1974年に閉山にともない無人となった。

この写真を撮ったのは長崎半島から。肉眼ではこれほどはっきりと島の細部は見えない。折から寒風が吹き、白波が立っていた。小説などでイメージが作られてしまったので、いっそう凄愴な感じがした。

この島の高層住宅が日本で最初の高層アパートなのだという。人がたくさんいたときはそれなりに賑やかだったのだろう。

ここがユネスコの遺産に登録申請されるという。それに対して徴用工の問題から韓国が激しく反対しているらしい。事実はどうであったのか知らないけれど、この軍艦島のたたずまいはアルカトラズに匹敵する異様な存在にみえる。

ここが朽ち果てたとしてもそれはそれで良いではないかと思う。むやみに手入れをすることには何となく賛同できない。人の営みというのはむなしいものだという象徴として遠望する方がこの島の最後にふさわしい気がする。

« 九州からの帰還 | トップページ | 一人っ子政策と高齢者の急増 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564886/58629762

この記事へのトラックバック一覧です: 軍艦島:

« 九州からの帰還 | トップページ | 一人っ子政策と高齢者の急増 »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ