« 映画「東京オアシス」2011年 | トップページ | 石浦章一「ボケない、老いない脳」(WAC) »

2013年11月10日 (日)

ニュースアラカルト

 ワシントンポスト紙のウェブサイトの報道によれば、イギリスの金融グループが「中国とタイが、外国人が生活するのに最も適した国だ」というリポートを発表したという。その理由があれこれ書かれていたが、どうも金儲けのチャンスが大きい国が評価されているらしい。金融会社らしい評価基準だが、こんな価値基準で生活する人とはあまりお近づきになりたくない。

 国連総会の人権理事会の理事国選挙で中国、サウジアラビアなどが選ばれたという。中国が人権を云々できる国であるのかどうか、人権が守られている国の人なら首を傾げるだろう。さらにサウジアラビアと言えば女性の社会活動をさせない国、行動での女性の運転を禁止した報道のあった国だ。国連というものがどうも理想とは大きく違うという象徴のようなニュースだ。それとも人権の守られていない国をあえて理事国にすることで自ずから人権を護らせようという深慮遠謀であろうか。

 韓国メディアが、日本のワールドカップのユニフォームが「旭日旗」を連想させる、として大騒ぎしているが、中国のネット上では韓国の妄想だ、理解に苦しむ、とのコメントが大勢を占めている。中国のネットでは現実の中国国民以上に反日がエスカレートする論調が多く、旭日旗にも強い反発がある。その中国のネットですら韓国メディアの今回の日本に対する非難は異常に映るらしい。それなら中国以外の国ならなおさらだろう。

 福祉の第一原発事故による放射能汚染に対して周辺諸国は神経質になっている。当然のことで、そのことに対しての日本の責任は重い。韓国は反日宣伝の一環として汚染問題を煽っているので特に過剰に神経質になっている。第一原発の汚染水の海への流出が止まっていないと認識している韓国国民は、日本の水産物を強く嫌っている。それどころか水産物そのものを全て敬遠する事態が続いており、韓国の水産業全般に深刻な消費減少が続いているという。海はつながっているからね。韓国メディアは自ら風評被害を広め、正しい情報を伝えないから韓国の沿岸で獲れた魚も健康被害が出るほど汚染されている、と疑っているらしい。日本では誰も気にせず魚を食べているのに。

 中国の環球時報のウェブサイトに「日中はどのような形で開戦するか」とする記事が掲載された。記事では日本は着々と軍備を整え、開戦の準備をしており、日米開戦の時のように奇襲攻撃を計画しているのだそうだ。ここにも妄想を広めるメディアがいる。中国もよほど内実がおかしくなっていることの表れかもしれない。

« 映画「東京オアシス」2011年 | トップページ | 石浦章一「ボケない、老いない脳」(WAC) »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564886/58547344

この記事へのトラックバック一覧です: ニュースアラカルト:

« 映画「東京オアシス」2011年 | トップページ | 石浦章一「ボケない、老いない脳」(WAC) »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ