« 映画「ヴァルハラ・ライジング」デンマーク・イギリス合作映画 | トップページ | 誉田哲也「歌舞伎町セブン」(中公文庫) »

2013年11月 8日 (金)

映画「コンフィデンスマン ある詐欺師の男」2012年・カナダ

 監督デヴィッド・ウィーバー、出演サミュエル・L・ジャクソン、ルーク・カービー、ルース・ネッガ。

 殺人事件の犯人として25年の刑期を勤め上げたフォリーは天才詐欺師と言われた男だが、いまは初老の男となり、カタギで暮らそうと心に決めていた。

 そのフォリーを昔の相棒で親友だった男の息子・イーサンが訪ねてくる。その親友を射殺した罪で彼は服役していた。復讐に来たのかと身構えるが、意外なことにイーサンはフォリーと組まないか、と申し出る。

 昔の仕事をするつもりがないことを告げ申し入れを拒否するのだが、イーサンはアイリスという女をフォリーに仕向けてくる。それも拒否して立ち去ったフォリーだが、ひょんなことから再びアイリスと出会い、彼女の危急を救うことになる。

 互いの境遇を知ることで急激に惹かれ合ったふたりは恋仲となる。真面目な仕事に努めるフォリーだが、つまらない事故でその仕事も棒に振ることになる。

 次第に追い詰められていくフォリー。そして知らされる驚愕の真実。全てが仕組まれていた罠であることを知ったフォリーだが、アイリスを人質にされて仕方なくイーサンの仕事を引き受けることになる。

 仕掛ける男は街の裏を仕切る顔役。紳士然としているが冷酷で残虐な男だ。準備万端整えて仕掛けをすませ、実行に移すのだが思わぬ齟齬が生じて・・・・

 つまらないチンピラにしか見えないイーサンが、次第にその父親譲りの狡猾さを表していく。フォリーがなぜ親友だったイーサンの父親を殺したのか、それが物語の中で明らかにされていく。

 脚本の出来がいいから緊張感が最後まで破綻しない。ゆったりとしたテンポだがそれが物語にリアリティを与えている。そしてアイリスの哀しみを自らの哀しみとするフォリーの25年間の服役の重みがずしりと伝わってくる。

« 映画「ヴァルハラ・ライジング」デンマーク・イギリス合作映画 | トップページ | 誉田哲也「歌舞伎町セブン」(中公文庫) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564886/58535313

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「コンフィデンスマン ある詐欺師の男」2012年・カナダ:

« 映画「ヴァルハラ・ライジング」デンマーク・イギリス合作映画 | トップページ | 誉田哲也「歌舞伎町セブン」(中公文庫) »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ