« 映画「東京ゴッドファーザーズ」2003年・日本映画 | トップページ | 美容整形 »

2013年11月 6日 (水)

諸井薫「幸福の本質」(ワニの本)

 著者の諸井薫は編集の仕事が長かったが、プレジデント社に社長として招聘され、経営者としても功績を挙げた。さらに作家としても数多くの著書がある。2001年に死去。Wikipediaでは1931年生まれとなっているが、この本の奥付では1930年生まれである。

 この本は三章からなり、半分以上を占める第一章は著者独特の小説仕立て、第二章と第三章は時事評論風の文章である。すべて数頁の短文からなる。著者独特の小説仕立て、というのは著者自身を「男は」という語り口で第三者風に仕立てて書かれた文章である。しかし私生活を描いた私小説、ということではなく、著者が自分の思いを仮託した、想像上の「私」である。著者の小説はおおむねそのようなものが多い。山口瞳の「江分利満氏」のシリーズに似ているといったら分かりやすいだろうか。ただ違うところはある写真のようなワンショットで過去と現在を語るようなものが多いところが違うかもしれない。文章もさらに短い。

 幸福は相対的なものである。気の持ちよう、考え方で幸福かどうかも変わる。不遇に暮らしていればささやかな幸運が幸福に感じられるだろうし、順風満帆に生きて苦境を知らなければわずかな躓きが不幸に感じられるだろう。そんな人生のある出来事から「男」、が感じた、人生に対する思いがしみじみと語られている。それは著者自身そのものでもある。

 どういう人生でも、かけがえのない自分だけの人生だ。あるきっかけでその人生を振り返り、それをどう受け止めるか。著者はそれをいろいろな人物になりきって心に去就するものを見つめている。そこには読者である「私」もいる。

« 映画「東京ゴッドファーザーズ」2003年・日本映画 | トップページ | 美容整形 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564886/58523485

この記事へのトラックバック一覧です: 諸井薫「幸福の本質」(ワニの本):

« 映画「東京ゴッドファーザーズ」2003年・日本映画 | トップページ | 美容整形 »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ