« カンニング | トップページ | 遅くて少ない »

2013年11月15日 (金)

景気回復

 テレビの街頭インタビューで「景気が回復していると思いますか」とか、「景気回復しているという実感はありますか」などと質問しているのをよく見る。中には「給料が増えましたか」という質問もある。

 言うまでもないことだが、景気というのは「気」が入っているように気分のものだ。そもそも生活に苦労している低収入の人たちにとっては景気回復の実感など感じ全く無いことだろう。そのような人たちを除けば不景気は気分のものだったのではないか。

 将来に対する閉塞感、つまり不安感が必要以上に財布のひもを締めることにつながっていたのではないか。だから円安とそれにともなう株高により閉塞感が少しでもはらわれれば気分は明るくなり、景気が良いように感じる。

 インタビューの質問が、景気が良くなったと感じているか、という質問ならば、そう感じる、という回答が普通になるだろう。しかしあなたの収入が増えたか、とか実際に実感する状態か、と問われれば「まだ給料に反映していない」と答える人がほとんどだろう。

 アベノミクスに批判的な人は、だから気分だけで実際の生活はまだ良くなっていない、景気は良くなどなっていない、という。共産党や社民党なら「大企業だけがもうけている」と非難するだろう。

 乱暴に言えば景気はすでに回復しているのだと思う。多くの有識者が言うように、それが一般の人の収入に反映するのにタイムラグがあるためにこのような回答の違いが生ずるのだと思う。だから安倍首相が一生懸命企業に対して給料を上げるよう要請しているのは正しい、と思う。

 景気が回復して、企業の収益も改善し、それが給料に反映され、しかる後に税収が増え、低所得の、援助が必要な人たちへの所得の再配分が可能になる、というのが正しい手順だろう。

 それを逆に回そうとした民主党が破綻したのは当たり前だ。アベノミクスを批判する人に二通りある。その施策の優先順位に異論のある人と根本的にデフレ脱却を目指すことそのことを非難する人だ。

 どんな意見があってもいいが、後者の場合は民主党政権の方が良かったと考えているのだろうか。あのまま野田政権が続いたとして日本がどうなっていたのか想像力が働かない人なのだろうか。信じられない。

« カンニング | トップページ | 遅くて少ない »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564886/58579329

この記事へのトラックバック一覧です: 景気回復:

« カンニング | トップページ | 遅くて少ない »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ