« 基準になるもの | トップページ | 腰が痛い »

2017年2月28日 (火)

もっと悪事が露見しないと困らないか?

 韓国の特別検察が捜査している朴槿恵大統領にはめぼしい悪事が見つからないようである。大統領府を家宅捜索出来なかったこと、直接朴槿恵大統領に事情聴取が出来なかったことが調査結果が不十分になった理由だとしており、捜査期間の延長を申請したが却下された。

 捜査期間を延長しても結果は変わらないと判断されたのだろう。捜査を続けているうちに大統領の任期が来てしまえば空騒ぎの冗談にしかならない。どちらにしても、任期が過ぎてただの人にもどれば訴追されて哀れな末路をたどるだろうことは、歴代の大統領の末路と変わらないような気がする。

 大統領職という権力を利用して私腹を肥やしていた、というのがみなが期待している彼女の悪事である。しかし一般の韓国政治家と異なり、彼女はあまり私腹を肥やすことに熱心ではない性格のように見える。彼女に対する韓国国民の非難は、彼女がチェ・スンシルと結託して私腹を肥やしていたはずだという思い込みによる怒りから発している。韓国ではほとんどの権力者が私腹を肥やすものだという思い込みがあり(現実にそうなのかもしれない)、朴槿恵大統領もそうに違いないと確信している。

 ところがいい目を見ていたのはチェ・スンシルだけで、朴槿恵大統領自身にはなにもないということになると、振り上げたこぶしのおろしどころに困ってしまう。彼女が極悪大統領であってくれないと、あれほど盛り上がった怒りが何だったのか分からなくなる。

 朴槿恵大統領は自分は何も悪くない、と主張している。チェ・スンシルに頼り、チェ・スンシルにいいようにさせてしまったことだけは後悔し、反省していると抗弁している。チェ・スンシルに依存したことは悪いと認識しているのだが、自分自身には何も利になることをしていないのだから悪くないといい、そして多分本気でそう思っている。

 自分から引退しないで、したたかに事態を見つめている、などという見方もあるが、引退したら袋だたきに遭うのが目に見えていれば、それを先延ばしにするのは当然である。潔い出処進退というのは、強さがないと出来ないことだと思う。それにその判断はチェ・スンシルがいなければ出来ることではない。二人で一人なのであるから。

 朴槿恵大統領を擁護する人々が少なからずいて、非難する人々と激しくぶつかっている。擁護する人々には、朴槿恵大統領が皆が言うほどの悪いことをしていないではないかという思いがある。彼等には弱った朴槿恵という女性をみなでよってたかっていじめているように見えているのだろう。

 なんだかそのようにも見えるではないか。そもそも朴槿恵という女性は、チェ・スンシルのような人間に頼るしかない弱い人間なのではないか。可哀想に両親を相次いで殺され、自分は顔を傷つけられた。本来は静かに暮らしたかったのではないか。しかし朴正煕の娘であるという出自が、人々の神輿として担ぎ出されることにつながった。

 それすら拒否できないほど弱かったのかも知れない。彼女はおびえていたように見える。公的な場に登場するときの彼女の堅さはおびえのあらわれではなかったか。そもそも大統領職は弱くて務まるものではない。物理的にも彼女の父親のように側近に殺されるのではないかという恐怖もあったのではないか。だから大統領府にいてもほとんど人と会おうとせず、書類報告のみを受け付けていたという。

 しかも大統領としての実績に何があるというのか。韓国の力は経済の力である。その経済に陰が差しても何も手を打つことが出来なかった。そもそも実際の経済がどうなっていて、どうすべきであるのか理解していたのだろうか。つまり無能だったのだ。

 多分彼女は無能であることも自覚していたか、または途中で気がつかざるを得ないことになっていたのではないか。それもおびえの要因である。どうしていいか分からない、そのことがチェ・スンシルに頼ることにつながったのではないか。チェ・スンシルにしても新興宗教家の娘であって大統領にアドバイスするような能力も知識も持ち合わせていない。そのアドバイスは行き当たりばったり、国のことなど考えていない。

 しかし権力のようなものを思いがけず与えられてしまえば、それに乗って多少は私腹を肥やすことが出来ることだけは学んだようだ。もともと新興宗教家の資質を受け継いでいれば、ご託宣のように自信を持った言い方でアドバイスが出来る。大統領はそれで安心する。もともと根拠など無いのだ。

 反日も中国に擦り寄ったのも、突然中国とたもとを分かつような動きをしたこともみな行き当たりばったりである。セウォル号事故の時にはチェ・スンシルが側にいなかったのではないか。だからどうしていいか分からず途方に暮れ、手をこまねいていたのかも知れない。

 このような大統領を清廉潔白であることを理由に選んだのは韓国国民である。その朴槿恵が裏切ったから引きずり下ろすという。その理由が私腹を肥やしたはずだという思い込みであれば、その事実がないことに困るだろう、と韓国の国民に同情するのである。

« 基準になるもの | トップページ | 腰が痛い »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

やはり距離を置くしかないような国です。北の社会主義、南の民主主義どちらも・・・・・です。

けんこう館様
距離の置き方が難しいところですね。
断交するわけにもいきませんし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 基準になるもの | トップページ | 腰が痛い »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ