« どうしておられるのだろうか | トップページ | 内田樹「昭和のエートス」(basilico) »

2017年4月19日 (水)

読書についての森本哲郎老師の言葉

 読書に戒むべきは「能率」という概念である。能率的読書などという言葉をよく聞くが、そんなものは到底読書とはいえない。読書というのはおよそ非能率的なものだからである。その点において読書は旅になぞらえることができる。能率的な旅というのはあり得ないことはないが、それはもう旅ではない。出張にすぎない。旅にどうして能率をあげなければならないのか。

 私はこういう言葉を読むと震えるほど感じてしまうわけである。その通りだと思うのである。それを忘れて本を読んだり旅をしてみても、もうそれは読書らしきものであり、旅らしきものでしかない。そこにあるよろこびはわずかなものにしぼんでいる。しばしば人生が旅になぞらえられるように、人生だってそうではないかと思うと、ちゃんとその後にそう書いてある。

 すでに私はどっぷりと森本節に染まっているのだ。世の中に「能率的」であることが善であるものとそうでないものがある。すべてが「能率的」であることが善だと勘違いしていないか。ここで言う「能率的」という言葉は内田樹老師のいう「ビジネスライク」という言葉と同じ意味かと思う。それが必要な場所とそうではない場所がある。「能率的」がそうでない場所を侵食しすぎていないか。それが生きることの深味を損ねていないか。

« どうしておられるのだろうか | トップページ | 内田樹「昭和のエートス」(basilico) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

う〜〜んFifty-fifty?

イブン・ハルドゥーンの「歴史序説」を読むよりは、その解説書を読む方がよいと思う自分がいるかと思えば、
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/501/trackback

反面、簡単に読める「解説書」がたくさん出されていても、やはり700ページの『21世紀の資本』そのものを読みたいと思ったりもします。

私は読書の途中で 「得るものがない」 と判断した場合は即、中断します。コスパ優先と言われればそうなのかもしれませんが、それは人には許された時間に限りがあると感じているからです。それは学生時代の書庫での思い出ルーツがあるような気がします。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/446/trackback

Hiroshi様
興味が持てる本、面白いと感じる本は人によりずいぶん違います。
自分でも年齢と共に変わることをこの頃実感しています。
自分の興味の赴くとき、本が自分を呼ぶ気がしてその本を手に取るのも楽しみの一つです。
そんな本を本棚に並べています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どうしておられるのだろうか | トップページ | 内田樹「昭和のエートス」(basilico) »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ