« 橋下大三郎・大澤真幸『げんきな日本論』(講談社現代新書) | トップページ | 梅雨明けか »

2017年7月16日 (日)

良い影響

 中国の自動車販売数の伸びは、ひところの勢いを失って頭打ちだといわれる。しかしその中で日本車の販売数は二桁の伸びを示して好調だそうだ。その好調の理由は、日本への観光客によるものだというネットの記事を読んだ。日本へやってくる中国人観光客の層が、ちょうど日本車などを購入する層と重なるのだという。

 もともと教育やマスコミの論調で反日的な傾向を持つ中国人でも、日本の製品に対する信頼は高い。品質が高いことは実績が証明しており、意図的な日本製品に対するデマも、いつの間にか解消されていく。訪れた観光客が中国で思い込んでいたことが違っていたことを日本で実感させられることが大きいという。百聞は一見に如かず、なのである。

 そのことは帰国した観光客達が口コミで伝え合うので、ますます日本のマナーや製品に対する信頼を高めることにつながっているのだという。それが本当に日本車の販売台数の伸びにつながっているのなら、嬉しい話だ。

 日本は信用というもの、ブランドというものを大事にする。そのことの意味が中国では理解できていないことは、偽物の横行が定常化しているで明らかである。法的に正しいか正しくないかではなく、信頼は最も大事な性能なのだとひとりでに理解されてきているのなら良いことだ。

 飛行機の搭乗員の話として、日本に行く便の中国人のマナーと帰りの便でのマナーが明らかに違うことを実感しているという。日本に滞在してマナーが明らかに良くなって帰国する中国人が増えていくのなら、日本は中国人に良い影響を与えていることになる。それはお互いにとても望ましいことだ。

 中国人観光客の増加が、彼等の消費による経済効果だけならそれだけのことだが、ささやかな信頼の積み重ねにつながっているのなら今は、わずかでも将来に反日感情解消の希望が持てることになるかも知れない。

 それなのに信用、信頼を損なうようなことをする日本人がいるなら、それはようやく積み上げたものを崩す極めて害の多い行為ではないか。日本が良い影響を及ぼす国であり続けて欲しいと思う。
 
 どうして韓国車が中国で売れなくなっているのか、いろいろな理由があるらしいが、そのへんに最も重要なポイントがありそうな気もする。東芝はどうしてあんな体たらくになったのか、それも同様だろう。しつこいけれど、私は東芝の製品の品質で不快な目に遭ったことが一度ならずある。そのうえその連絡をしたときのメーカー窓口の木で鼻を括る対応に腹が煮えくりかえる思いをしてもいる。今日この東芝の危機があるのは当然だと思う者である。

« 橋下大三郎・大澤真幸『げんきな日本論』(講談社現代新書) | トップページ | 梅雨明けか »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

OKCHANさん
このところ中国関連に記事が多いので、
コメントしようと思うと、途中で消える(TωT)ノ~~~ バイバイ
控えていましたよ(゜゜)(。。)ペコッ
だって以前経験した、shine訴えるshine
のトラウマ怖いんですweep
もういいかしら?
船はやってくるしサンマは根こそぎ捕るし、
早くなんとか出来ないの?
我家は東芝製品相性がいいんですgood
家電はすべて、


ちかよ様
もなさんのこともありますから、いまの中国だと現実に何があるか分かりませんね。
私も今年久しぶりに中国に行くつもりです。
まさか何かいやなことがないとは思いますが・・・。
東芝のことは、製品の不具合よりも、その連絡と相談をした窓口の対応に悪い印象を受けました。
それがあるから今の東芝の事態に厳しい見方をするのだと思います。
それにしてもとんでもない額の損失をもたらし、それが海外に日本の技術や金の流出をもたらすとしたら、責任のある経営者たちは非難されて当然だと思います。

韓国車が売れない理由の大きなものに、韓国車は今では中国車と競合するようになってきたからだと思います、それだけ国内車の品質が向上したということでしょうか。 ドイツ車は今でも高いブランドがありますし、日本車は上で述べられたように信頼性がある。 

最近は中国車の品質がかなり向上していていますので日本のメーカーもここらで注意すべき時期に入っていると思います。

それと韓国については、 もともと属国みたいに内心思っていた国が 「サードを配備するなんて」  というものあるかもです(笑) 

Hiroshi様
韓国車の販売が落ちているのは、Hiroshiさんのおっしゃるような理由だと思います。
韓国ではTHAAD問題の報復で中国での韓国車の販売が落ちていると考えていたようですが、実はアメリカでも大きく販売台数が落ち込み始めています。
アメリカではまだ中国車との価格競争をしているわけではありませんから、本質的な問題があるようです。
その対策をいまからしようとしてもむつかしいでしょう。
以前Hiroshiさんが電気自動車への転換について書かれていましたが、遠からずもう一段激しい変化がありそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 橋下大三郎・大澤真幸『げんきな日本論』(講談社現代新書) | トップページ | 梅雨明けか »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ