« 北原亞以子『慶次郎縁側日記 再会』(新潮文庫) | トップページ | 葉室麟『古都再見』(新潮社) »

2017年7月11日 (火)

どうでもいいこととよくないこと

 相変わらずSMAPの話題がネットニュース欄に頻発する。木村拓哉の人気が凋落していること、中居正広がそもそもジャニーズ離脱のリーダーと目されていたのに、いまはジャニーズの中で地歩を固めつつあり、裏切り者とみなす向きもあることなどが報じられているが、どちらも嫌いだからどうでもいい。

 木村拓哉とマツコ・デラックスが高校の同級生であったというのを今日初めて知った。いままでマツコ・デラックスを見下げていたらしい木村拓哉が、擦り寄ってきたことをマツコ・デラックスが嫌がっている、と云う記事などは木村拓哉の本性がよく分かる記事だが、それもどうでもいい。四十をすぎて容姿だけでやっていけるほど芸能界は甘くないのにいまごろ気がついても手遅れだろう。同情は憐れみに似ている。人間は憐れまれたらおしまいである。

 松居一代のニュースも連日見るけれど、これはマスコミが追いかけるというよりも松居一代本人が情報発信をして騒いでいるだけであって、それを面白がる多くの人がいて、マスコミもそれに引きずられているようなのが笑わせる。最初、精神を病んでいるのかと思ったら(全くないとはいえないだろうが)計算ずくのようでもある。

 まともな男なら、松居一代のあの姿を見れば、別れたくなるだろうな、嫌気がさすだろうな、と感じているだろう(と思う)。ところが主婦の中には船越英一郎に対して義憤を感じて松居一代に同情するものも多いと報じられている。本当だろうか。そう思うような女性がいることがよく分からない。私は浮気を肯定しているわけではない(ここは強調しておきたい)し、まだ浮気が確認されているわけでもないのに、あったこととされているのも不審に思っている(なかったはずだといっているわけではないので念のため)。

 都議選の結果は予想以上の自民党の大敗だったが、自民党都議のいままで累積されたさまざまな問題点が小池知事に暴露された上でのことだから、まさに身から出た錆である。それにしても当初の石原伸晃氏のあまりにも事態を把握できないお粗末な対応は彼の政治家としての資質のなさを露呈した。そのあとの下村氏もどうも下半身が弱いようで、金にまつわるスキャンダルが次々に顕れて腰砕けであった。政治家としての能力があっても、力を揮う前によろけていてはどうにもならない。それよりも国政のスキャンダルが都議選に反映し、さらに都議選の結果が国政にここまで反映されていくというのは、過去にもあったこととはいえ、恐ろしいものがある。 

 ところで自民党の惨敗に比べて比較的に軽微なマイナスで済んだのを評価されて、民進党の執行部は責任を問われなかったようである。しかし自民党が大敗したら大勝とはいえなくとも多少は議員の数を伸ばすのが最大野党の最大野党たる責任であろう。それを損なったのは蓮舫代表の戸籍問題がある、と今井正人議員が噛みついたのは当然といえる。現在の戸籍を明らかにすれば済むだけのことで、それをひた隠しにするのは二重国籍を疑われても仕方がない。国会議員の二重戸籍を許すような国はないと聞くが、それが本当なら、疑われたら二重戸籍ではないことを証明する必要があるだろう。これはどうでもいいことではない。

 中国のノーベル平和賞受賞作家、劉暁波氏が危篤だという。肝臓ガンの末期だそうだ。症状がひどくなって物も言えない状態にしてから解放するというのは中国というのは恐るべき国だと思う。人権問題を告発したために拘束されていた弁護士などの活動家が体調を崩したり重篤な病気で解放されることがあるが、そのなかに肝臓ガンに罹患したものが複数いる、などと報じられている。肝臓は毒物に最初に冒される臓器である。薬物投与を疑う意見があってまさかと思うと同時にもしかしたら、と思ったりする。今中国に拘束されている日本人が12人いるというが、実際に罪を犯したものもいるかもしれないが、そうではないものもいるらしい。彼等が無事であることを願う。なんだか中国は毛沢東時代に戻りつつあるような気がする。

 韓国の新任の女性家族相がソウルに慰安婦博物館を作ることを提唱しているそうだ。慰安婦問題について世論を再び喚起して日韓の合意を見直すきっかけにしたいと公言しているようだから、確信犯である。韓国が日本に対してだけではなく世界に対して慰安婦問題を言い立てることが再び盛んになりそうである。韓国が世界に誇るのはサムスンと慰安婦問題だということらしい。慰安婦博物館がもし本当に出来るとしたら、その功績団体の筆頭として朝日新聞を顕彰したら良いだろう。なかったことはすでに朝日新聞のお陰であったことにされてしまった。韓国の誇りをここまでにした最大の功労者は朝日新聞であるから顕彰されないはずはない。

« 北原亞以子『慶次郎縁側日記 再会』(新潮文庫) | トップページ | 葉室麟『古都再見』(新潮社) »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

OKCHANさん
今日本国民の疑問を書いていただきありがとうございます(゜゜)(。。)ペコッ
大相撲も名古屋場所熱戦を期待しておりましたが、
バタバタ倒れ、
今日からshineモンゴル鶴竜休場shine
橫綱さんは特権がありますが、
国会議員さんにはありませんよ。
安倍さんhospital持病悪化こちらは心配です。
注視しましょうeye
民進党さんの見るだけ、仕事、やり方がわかりません(鳩山由紀夫風)

ちかよ様
むかし銭形平次のドラマを観ていると、犯人をつかまえて手柄をあげると拍手喝采を浴びるのですが、なかなか事件が解決しないとたちまち非難囂々でした。
過去の功績はまったく考慮されません。
世の中というのはこういうものだと思い知りました。
そのくせ無能で口先だけだった者は、その無能だったことがすぐ忘れ去られて、また口先だけで再登場します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北原亞以子『慶次郎縁側日記 再会』(新潮文庫) | トップページ | 葉室麟『古都再見』(新潮社) »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ