« 引用の引用ですが | トップページ | 橋下大三郎・大澤真幸『げんきな日本論』(講談社現代新書) »

2017年7月15日 (土)

近況

 最近は早めに寝るように心がけている。それがどん姫が来てちょっと夜更かししたので、昨晩は9時前に眠くなってうつらうつらしていた。そこへ千葉の弟から電話があった。大雨のニュースを見て心配してくれたのだ。犬山には少し距離があるが、氾濫した五条川というのはすぐ近くを流れている川である。

 しかし昨日の記録的豪雨はピンポイントで、私の家の周囲は強い雨ながら道路が冠水することもなかったので、その旨伝える。義妹は新盆だから実家(静岡)に帰っており、弟は一人で酒を飲んでテレビを見ているのだという。仲のいい夫婦だから、ちょっと離れただけで淋しいのだろう。近況をちょっと話す。

 眠気が少し遠のいてしまったので、宮本常一の『忘れられた日本人』(岩波文庫)という民俗学の本を読む。彼が若い頃日本の各地を訪ね歩いて取材した話が集められていて面白い。30分もしないうちにまた眠くなる。布団を敷いてさあ寝よう、と横になったらまた電話があった。

 大阪の兄貴分の人からで、豪雨は大丈夫だったか?と心配してくれた電話であった。昔の東海豪雨のこともよく知っているから、その話をする。あのときは娘の通っていた中学校が、グランドも周辺の田んぼも冠水してしまい、一週間ほど休校になるほどひどかった。町と名古屋市の境を流れる新川があちこちで氾濫したのだ。

 もう少し近況を話そうかと思ったら、じぁあ、とあっさり電話が切れた。兄貴分のひとも眠いのだろう。早寝早起きのひとなので、こんなに遅く電話をしてくるのは珍しい。

 私の方は眠気がどこかへ行ってしまった。パソコンの囲碁ゲームをして、自分の悪手に腐って嫌気がさす。別の高坂正堯の本を読み始めたら、しばらくして知らないうちに眠っていた。

« 引用の引用ですが | トップページ | 橋下大三郎・大澤真幸『げんきな日本論』(講談社現代新書) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

被災された方には申し訳ありませんが
ご無事で何よりでした

イッペイ様
ありがとうございます。
おかげさまでピンポイントから外れたので無事でした。
名古屋地区は10年周期で記録的な豪雨があります。
そのときの雨は、車で走っていたりすると本当に恐怖を覚えるほどですが、その周期が短くなっているような気がします。

我が家は、五条川から直線で100mくらいのところにあります。昨日の氾濫場所より上流にあり、川もわりと真っすぐなのでよほどのことがない限り大丈夫そうです。

けんこう館様
そういえば、映像では川の屈曲部で氾濫しているようでした。
そろそろ梅雨明けですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 引用の引用ですが | トップページ | 橋下大三郎・大澤真幸『げんきな日本論』(講談社現代新書) »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ