« 捨てることにした | トップページ | 真保裕一『暗闇のアリア』(角川書店) »

2017年8月 2日 (水)

雑感

 見かけは重要である。人は見かけによらないことがあり、知り合うと最初の悪印象が拭われて好感に変わることもある。しかし知り合うことの出来る人の数は限られている。そうなれば見かけで人を判断するしかないのであり、見かけは大事なのである。

 見かけといっても半分以上は顔の印象であろう。その顔に本人の責任はないのか。美醜は生まれつきのものもあって如何ともしがたいが(韓国ではそれを整形するのが普通のことらしく、女性はみな似たような顔になっているのは驚くほどである)、どんなに整っていても内面の卑しさが浮かび出ているように見える人は確かにいる。それでも、私にはそのように映って見えているのに、それをそのまま美しいと見る人もいるから世の中は丸く収まっているのだろう。

 そういえばトランプ大統領政権の報道官がつぎつぎに辞めたり辞めさせられたりしている。報道官というのは政権の顔、ある意味でその国の顔ともいえるから、見た目を大事にするものかと思っていたが、あまり賢そうに見えなかったり、どうしてこんな人をと思うような人が報道官になり、そして辞めていく。あの女性の報道官の顔は、申し訳ないが美醜以前に顔を背けたくなるようなところがある。

 よほどトランプ政権には人がいないのだろうか。もし要請があっても、まともな人なら引き受けたくないような役割だと思われているとしたら、トランプ大統領が政権内部でどう思われているかが分かりそうだ。トランプにもともと人望があったとも思えないし、時間と共に失望に変わりつつあるというところで、任期を全うするのは難しいのではないか。

 中国の外交部の報道官を見ていると、無表情で明らかな無理筋を平然と言ってのけている。まさに習近平政権の顔(共産党独裁政権の顔)としてふさわしい顔である。北朝鮮の報道官はあのお馴染みのアナウンサーなのだろう。あの大仰な語り口はたぶん命がけなのだろう。そうでなければ恥ずかしくてやっていられるわけがない。

 それらと比べれば、わが菅官房長官はまともな方ではないだろうか。ちゃんと感情を表に出すこともあるし、言葉遣いはときに不適切だが丁寧だ。会見場の記者達の、国民に替わって、を自称したつもりの失礼千万な物言いに良く対応している方ではないか。私は彼の顔に悪印象は持たない。

 パソコンがしばしばフリーズに近い状態になる。なにもしていないのにファイルの開くのが遅い。ホストとして使っている東芝のダイナブックだ。これはi7が使われているから本来高速動作をするはずなのだが、ずっとそうである。ハードディスクにいろいろな物を詰め込みすぎているからかと思い、大きなデータはほとんど外付けハードディスクに移したから身軽なはずである。

 持ち歩き用に10.5インチの極安のACERを使っているが、同じことをさせるとはるかに早い。こちらのハードディスクには出先で使うためにデータが詰め込まれているのだが問題ない。ダイナブックのキーボードはそれほど酷使しているわけでもないのにキータッチを受け付けないキーがいくつも出てきて、仕方がないから別付けのキーボードを購入して使用している。

 東芝製品を問題なく使用している人も多いようだが、私とはまったく相性が悪いようで、買う製品はたいてい不具合になる。東芝に嫌われているらしいのでもう二度と買うまいと思うが、まだ動作するパソコンを買い換えるほどのゆとりはないのでだましだまし使っているが、そのストレスにだんだん頭が熱くなっているところである。

 不要と思われるプログラムを一部削除したが変わらない。次はもしかして必要だが不要かもしれないプログラムをばっさり削除してみようか。もうやけくそである。何かあったらそのときのことだ。すでにデータはたいてい待避させてあるし。

« 捨てることにした | トップページ | 真保裕一『暗闇のアリア』(角川書店) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

蓮舫が代表を辞めると言った会見では、あきらかに顔の表情が穏やかになってました。
やはり内面は顔に出るようです。でも、議員はやめないようなので相変らずのようです。
これからの発言が、ある意味楽しみです。

けんこう館様
確かに蓮舫女史が民進党党首をしていたときの顔は夜叉のようでした。
本人にとっても不幸なことだったでしょう。
あの仕分けの女王のときの彼女は、本質的な狭量さを見せてしまいました。
見識のある人はあのときに彼女を見限っているのですが、民進党の面々はそれが分からなかったようで、それだけ見識がないということでしょう。
次期党首は解党を前提で引き受けるような人が引き受けないと民進党の議員達には未来がないでしょう。
旧社会党出身者と決別しない限り若手の立つ瀬はないでしょう。
赤松議員などがのさばっているようでは救いがありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 捨てることにした | トップページ | 真保裕一『暗闇のアリア』(角川書店) »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ