« 楽しい呑みすぎ | トップページ | バカなことを »

2017年8月12日 (土)

自家中毒

 自家中毒とは主に子どもに見られる症状で、食中毒のような嘔吐感を伴うことが多い。血中に脂肪が分解して生ずるケトン体という物質が多量に作られ、それにより代謝異常が起こる症状であるが分かっているが、なぜケトン体が多量に作られてしまうのか、明確ではない。過度なストレスがあると自家中毒が起こることが多いことが特徴である。心的要因が大きいのだ。多くはおとなになると共に改善する。

 これは本来の自家中毒についての説明だが、私には韓国の反日が自家中毒症状を引き起こしているように見えている。

 自国の国内に、国の屈辱の象徴である慰安婦像をつぎつぎに建て、日韓合意という、世界に公表されている国と国との約束を国民の気持ちが伴っていないという理由で反故にすることを当然として、マスコミも政界も盛り上がり、すでに戦時中のことは全て解決済みとした日韓条約も、個人の補償は別であるとして三菱重工を訴えた訴訟で、韓国の裁判所はその訴えを認めるというあり得ない判決を下した。

 朴槿恵の父親の朴正煕大統領の時代に結ばれた日韓条約では、当初日本はドイツにならい個別補償を提案していたが、韓国側がその補償は韓国政府が国家として行うので、国に賠償金を払って欲しいと要請されてそれを受け入れたという経緯がある。韓国国民の個別補償は韓国政府が行うと明記されているのだ。かわりに日本が韓国に残した施設や権益全てを放棄することで合意している。韓国はその賠償金で漢江の奇跡といわれる復興を成し遂げて今日がある。

 韓国映画『軍艦島』は事実と異なる部分が多い。確かに苛酷な労働があったことは事実だが、その時代の炭鉱労働とはそういうものだったし、朝鮮人だけがことさら苛酷な労働を強いられていたわけでもなく、また強制的に徴用されていたわけでもない。高給が得られることから自発的に働いていたのである。待遇は良く、日本の一般国民よりはるかに豊かだったのだ。

 この映画について問われた菅官房長官が「事実と異なる創作映画だと考える」と穏やかに答えたことに私は同意する。この映画ですら、韓国内ではマスコミも国民も声を揃えて「親日的な映画だ」と非難している。当時の日本人はもっとひどい人たちだったといいたいのであろう。その非難に対して、監督は「親日的とされるのは心外だ。この映画は骨の髄まで愛国・反日映画だ」と反論していることからも、誇張された反日映画であることが明らかなのに、韓国は親日と見做すのだ。

 日本がナチスよりも悪逆非道であったと思い込んでいるのが韓国なのだろうか。いや実はそうでもないらしいと気がついているらしい。だから韓国から日本に来る観光客はますます増加している。そうして自分たちが思い込まされていることが違うと感じているのだ。

 しかしそうなるとほとんどアイデンティティとして刷り込まれてしまった反日が崩れてしまい、精神の安定を失うことを恐れているのではないか。だから戦後70年を過ぎてますます反日が強化され、幻想が膨らんでいる。それを私は自家中毒と見做すのだ。すでに反日は日本が原因ではないのである。自ら生み出した毒で自らが嘔吐に苦しんでいる。韓国が反日で得るものなどなにもない。

 過去、韓国の反日に迎合、または助長する日本のマスコミもあったが、特殊な日本人を除いて韓国の反日にうんざりして相手をしなくなったのを見て、マスコミも迎合することが少なくなった。読者を失うのは身の破滅である。彼等の正義などそんなものである。

 日本が反論する気も失せて、相手にもしてくれなくなってきたことから、韓国の自家中毒はさらに悪化しているのかも知れない。皮肉なことに、日本でヘイトをする人間はある意味で韓国の自家中毒の解消に役立っているのである。何しろ反日の相手をしてくれるのである。だからヘイトは二重に愚かなのである。

 ところで中国は、伊藤博文をハルビン駅で暗殺したテロリスト(韓国では英雄)安重根の像を韓国に寄贈したそうだ。安重根の像はすでにハルビン駅前の安重根記念館に一体置かれていて、それと同じものらしい。これも日本大使館の前にでも置くつもりなのだろうか。この記念館はあの朴槿恵が反日を旗印に中国と異常に親密になったときに、習近平が建設を約束したものだ。

 その後中国は韓国がアメリカのTHAAD設置を認めたことに反発して情勢は一変し、事毎に韓国に対して嫌がらせをしているが、安重根の像を贈呈するような、韓国がよろこびそうなことをどうしてしたのだろうと思っていたが、韓国の自家中毒を悪化させるための、時間をかけた遠回りの悪意が秘められているのかも知れない。中国とはそういう国である。

 韓国の反日という自家中毒は言葉通り自分自身を蝕んで何の利も生み出さない。それでもそれに囚われているのは、北朝鮮の脅威、いまにも起こりそうな戦禍に対する恐怖から眼を逸らすためのものだ、という解釈もある。しかしそれは理由ではなく結果のような気もする。

« 楽しい呑みすぎ | トップページ | バカなことを »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

少し前は「強制連行されて日本来た。誠意・・・」 と言ってましたが今はあまり聞きません。
都合が悪くなるとなかったことのような態度になります。
事実は関係なく日本人の態度によって変化するようです。一番付き合いにくいタイプです。

けんこう館様
ほとんど正常さを欠いていますから、相手にしないのが一番いいようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽しい呑みすぎ | トップページ | バカなことを »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ