« 絶体絶命 | トップページ | 台風近づく »

2017年8月 7日 (月)

この違いはなぜか

 朝日新聞の行った世論調査によると、安倍内閣の支持率は内閣改造前が33%、改造後が35%とほぼ同じ、横ばいであった。これだけ読めば、そうなのか、と思うばかりである。当然紙面ではすでに安倍内閣は信頼を失い、改造したところで変わらないと述べられていたことであろう。

 ところで、すでに朝日新聞以外の各メディアの、内閣改造前後の内閣支持率の調査も発表されている。そこでは、軒並み内閣改造後に10%弱の上昇(改善)が見られている。驚くべき違いである。この違いはなぜか。

 朝日新聞の読者は、安倍内閣をもともと支持しない人が多いからだろうか。しかし改造前の支持率33%はほかのメディアとあまり違わないのである。あれだけ安倍政権の非を鳴らす朝日新聞であるけれど、読者はそれほど偏っていないようである。

 しからば考えられるのは、朝日新聞が内閣改造そのものを評価しない論調であっただろうということである。紙面で代わり映えしない、弥縫的である、好戦体質や腐敗構造を隠蔽するための内閣改造だ、と謳っていたのではないか。それならば内閣改造前後で支持率は変化しないのは当然である。

 紙面を見て言っているのではないから無責任な想像である。しかし他紙とあまりに違うらしいので不審に思い、理由を考えた次第である。朝日新聞を読むとそれだけ違いが出るならば、朝日新聞の今回の内閣改造批判は成功したのである。読者は朝日新聞に影響されたのである。そのことを朝日新聞購読者は認識しておいた方が好いように思う。余計なお世話かも知れないが。

« 絶体絶命 | トップページ | 台風近づく »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
先日は私の拙い文章を見ていただきありがとうございます。
相変わらず朝日の影響力を感じますね。
配達制度が存続する限り、朝日のような、実質的にクォリティーが低いどころか、平気でフェイクを流す新聞が日本を代表する新聞の地位にいられるでしょう。
私はここら辺に日本のマスコミの重大な欠陥を感じます。
では、
shinzei拝

shinzei様
自分自身を客観的に見直す謙虚さを失うとマスコミは大衆を愚民として見下して傲慢になります。
確かに大衆はときに愚かですが、マスコミもその一部であることを忘れてはいけないでしょう。
マスコミの役割はもう終わったのではないか、などと言われないためには猛省が必要かも知れません。
もちろん我々も不勉強ではマスコミにいいように洗脳されてしまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 絶体絶命 | トップページ | 台風近づく »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ