« 敗戦のコメントに危惧していた | トップページ | 「なにも考えないこと」ができない »

2017年9月11日 (月)

ついに終わってしまった

 毎回楽しみに見続けて7年、『リゾーリ&アイルズ』のラストシーズン(第7シーズン)の最終回を見終えてしまった。ボストン市警の女刑事ジェイン・リゾーリ(アンジー・ハーモン)と主任検屍官モーラ・アイルズを主人公にジェインの同僚や家族が描かれるこのドラマは、子どものときによく見ていたアメリカドラマの味わいがあって不思議ななつかしさが好きだった。

 とにかくアメリカのドラマは会話がしゃれている。本音をぶつけ合いながらそこにユーモアがあり、強さの必要な厳しい生き方の中に、それでも多少は救いのあるアメリカの現実を良く見せてくれた。終わってしまったことは誠に残念だが、ものごとには必ず終わりがあるもので仕方のないことだ。

 ジェイン・リゾーリ役のアンジー・ハーモンは大柄で顔の造作も大ぶり、男性っぽいところが却って魅力的な美人である。こういうタイプは自分としては好みではないと思い込んでいたから、どうしてこんなにすてきに見えるのか不思議だったが、彼女自身の個性が魅力的なのだろう。

 そういえば中学生の時にテニス部の、日に焼けて色黒のハスキーボイスの女の子が彼女によく似ていた。ガールシャイだった私に気さくに話しかけ、居心地の良い気持にさせる少女(こ)だった。初恋の相手ではないけれど、今でも思い出すのだから、憎からず思っていたのだろう。記憶は気持ちに反映するものらしい。

« 敗戦のコメントに危惧していた | トップページ | 「なにも考えないこと」ができない »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 敗戦のコメントに危惧していた | トップページ | 「なにも考えないこと」ができない »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ