« 少しは良くなるだろうか | トップページ | 中山七里『ネメシスの使者』(文藝春秋) »

2017年10月13日 (金)

佐々木譲『真夏の雷管』(角川春樹事務所)

Dsc_0016

 『笑う警官』に始まる道警シリーズの最新刊。シリーズであるからお馴染みのメンバーが登場するが、過去の話はあまり書き込まれていないから、この小説単独で楽しむことが出来る。彼らの人間関係に興味があればシリーズを最初から読むといい。外れなしの緊張感のある警察小説を楽しめることを請け合う。

 札幌市内の雑貨店での少年による万引き、郊外の園芸店での窃盗、それら些細と思われた個別の事件が互いに絡んでいることが判明していく中で、一刻を争う緊急事態が見えてくる。

 想像力が推論に繋がり、確信に変わる人間と、証拠がないから動かない人間とのせめぎ合いが緊迫感を盛り上げていく。もちろん主人公達は優れた能力の人々だから的確に動くのだが、彼らはある理由で閑職に追いやられていてなかなか組織を動かすことが出来ない。

 それでも彼らをバックアップする上司もいて、ようやく犯人もその目的も明らかになるのだが・・・。

 札幌駅での攻防が手に汗を握らせてくれる。犯人の犯行を阻止できるのか否か。阻止できなければ大惨事となるかもしれないのだ。犯人の鬱屈、その鬱屈を晴らすための理不尽な犯行計画。このような人間はめったにいないけれど、実は紙一重の人間で世の中はあふれている。

« 少しは良くなるだろうか | トップページ | 中山七里『ネメシスの使者』(文藝春秋) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 少しは良くなるだろうか | トップページ | 中山七里『ネメシスの使者』(文藝春秋) »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ