« 欲が出る | トップページ | 佐々木譲『真夏の雷管』(角川春樹事務所) »

2017年10月13日 (金)

少しは良くなるだろうか

 自分では他人に不快を与えたり、怒りを感じさせるような運転はしていないつもりである。ただ、車間距離を十分とることにしている。自分の反応速度は自分が思っているほど敏速ではないことを知っているからだ。その余裕を持った車間が腹立たしいのだろうか、後ろから煽られたり危険な幅寄せをされたり、車の直前に衝突すれすれのように割り込まれることがたまある。そういうときはこわい思いもするし腹も立つが、バカモノを相手にしても仕方がないと思って、譲ってその車と距離をとることにしている。

 高速道路で、追い越し車線でなく、走行車線で制限速度で走っているだけなのに後ろにぴたりとつけてくる車がしばしばある。追い越し車線は空いているのに、である。しばらく煽っておいて一気に抜いていく。それだけならいいが、抜いてすぐに直前に割り込み、こちらにブレーキを踏ませる。顔は見えないけれど笑っている気配を感じる。

 昨日、ニュースやニュースバラエティを観ていると、運転中にこわい思いをしたことがあるドライバーの話やその映像が次から次に紹介されていた。インタビューした人のうちどれほどの割合の人がそのような経験をしているのだろうか。報じられたものはそのような人だけを選んだものではなく、まともなドライバーのほとんどがそのような経験をしているように思うがどうだろうか。

 専門家によれば事故が起きないかぎり、ドライブレコーダーによる証拠の映像があってもそのような危険運転を処罰することは出来ないらしい。法律はそのようなバカモノを想定していないのだそうだ。

 今回の事件(事故ではなく、明らかに殺人事件である)で、このような危険行為をする運転手に対するペナルティをもうける気運が盛り上がらないだろうかと思うが、その線引きは難しいから法律を作ることは無理だろう。それではドライブレコーダーはいままでどおり、事故が起きてからの事実の確認のためだけにしか役立たず、事故を減らすことに繋がらないということか。

 人の車の尻にぴたりとつけてきて煽ったり、幅寄せをしたり、直前に割り込んだりする人間は、多分運転が普通の人より上手いのだろう。少なくとも本人はそう思っている。そしてそれを誇示しようとしているようだ。

 人は他人を支配することに快感を感じるし、支配されることに不快を感じる。道路上で、俺のほうがお前よりも上である、と言うアピールをしたがるのは、一時的にせよ相手を支配した気分を味わうということで、その快感が病みつきになっている輩の行動であろうと推察する。

 そんなことでしか自己アピールが出来ない人間というのは、実は現実の世界では他人に認められることが少ない人間で、内心に劣等感があふれているのだろう。自分の不遇は自分自信が原因であることに薄々気がついているから、自分は劣っていない、と言うことを確認したくてそのような危険な行動に出るのではないか。

 そして自分は勇気がある、あいつより俺のほうが勝れている、と思いたいその思いが、自分の危険な行為によって相手が引き下がることで一時的に叶うのだろう。脅しで相手を屈服させることが出来たことに快感を感じて笑うのである。

 今回の事件は、相手を拝跪させたい欲望のエスカレートした末のものだろう。相手を謝らせ、自分の優位を知らしめることに夢中になって惨事を引き起こしてしまったが、本人にはその自覚すらなかったことは、犯人に対するインタビューで明らかにされている。恐怖と暴力で、謝る理由のない人を謝らせようとする行為に、なんとなくどこかの国やそれを支持する人たちに似たようなものを感じてしまうのは考えすぎか。

« 欲が出る | トップページ | 佐々木譲『真夏の雷管』(角川春樹事務所) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

最近は、軽トラを運転することが多いので時々煽ってるのかと思うことがありますが、軽トラということで諦めてるのか乗用車より煽られる機会は少ないように思います。
最初から下に見られてるので許容範囲が低いのかもしれません。(笑)

OKCHANさん
最近の若者は、パトカー、緊急車両がサイレンを鳴らしても、
なんで、道を空けないといけないかと切れるannoy
シニアさんは、ノロノロ20km~40kmで走るdashdash
だからつい、追い越し車線を走るcar
tv情報番組で知ったのですが、
これ違法scissors
知っていましたか?
高速運道路転怖い。

抵抗策として、ドライブレコーダーの動画をナンバープレートを晒したままでYoutubeに公開している例をよく見ます。

法律で取り締まることができないならば、そうした公開懲罰の方策もあるかと(笑)。将来、何か事件があった時のためにもよく使われているようです。

けんこう館様
今回は女性(母親)が運転していることを見越しての嫌がらせだった可能性もあります。
軽にすら煽る車があるというのは驚きです。

ちかよ様
以前よりも緊急車両が来ても道を空けない車が増えた気が確かにします。
意識し出すと、高速道路の運転は怖いと思うことがあります。
どんな人間が運転しているのかわかりませんからね。
四年ほど前に事故で車を潰して以来、ずいぶん慎重になったし、譲ることが平気になりました。
事故の経験のおかげです。

Hiroshi様
そういう情報の蓄積が、そのような危険な運転をしている人間が事故を起こしたときのペナルティに加わるようになるといいですね。

某国では「人肉捜査」というのが流行っています。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2386/trackback

かの国ではこれまで強権で情報統制を行い、真実から人の目を遠ざけ、さらに法治国家の程をなしておらず、特権階級がはびこり不公平感が蓄積していました。 ところが近年、この国でも爆発的にネットが発達し、「怒れる若者達」がネットを使い、こうした捜査を行うようになってきました。 

社会に公正さがなく、公的なペナルティーが期待できないと感じる人達が多くなれば、このようになるのだと思います。 上記のような事件が日本で続けば、こうした「人肉捜査」ブームも日本で根付くのではないでしょうか?

Hiroshi様
私もそのことが以前から気になっていました。
社会が適正に営まれていないと思う人が増えると、私刑のような行為が正当化されやすくなります。
「人肉捜査」をする人間が正義の味方を自認する社会はこわい社会だと思います。
マスコミやネットがこぞって個人攻撃をする図式は、既にだいぶひどいものになっていますね。
不正や不道徳が、その罪よりもはるかに重いバッシングをうけるという様子は不愉快だし恐怖です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 欲が出る | トップページ | 佐々木譲『真夏の雷管』(角川春樹事務所) »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ