« つながらない | トップページ | 井波律子『中国文学の愉しき世界』(岩波現代文庫) »

2017年10月 9日 (月)

無責任

 人は自分に見えているものこそが真実であると思い込みやすい。でも、ものごとは立場によって見え方が違うもので、正しい見方というのが神の見方だとしたら、本当のことは、なかなか人には分からないものなのかもしれない。

 それでも自分の見え方と違う見方をする人の話もいろいろ聞くと、自分に見えているものだけが正しいなどとは思わないで済む。

 テレビでは自己主張する人々が喚いている。私は正しい、だからあなたは間違っている、と声高に言う人たちの喚き声を聞いていると頭がおかしくなりそうだ。

 ニュースを知りたい。NHKだけでなく、違う立場の人の取りあげるニュースも知りたい。ところがこのごろはニュースに意見が張り付いて、ニュースそのものよりも意見のほうが盛りだくさんだ。ニュースを見聞きしてそのことを考えようと思っているのに、ニュースについて何やら語る人々のものの考え方について、つい考えてしまう。

 自分で考えるのが面倒くさくなって、人の意見を聞いて自分の考えとしようとする人が多いから、かわりに考えて意見を言ってくれるプロがはびこっているのだろうか。それにアマチュアがわれもわれもと加わっている。

 目立つために人と少しでも違う意見を言おうとして、裏付けのない、想像を加えた話を語る人がいる。それがきちんとここから先は私の想像ですが、と注釈なしに語られることもしばしばであるし、注釈があっても、次に伝えられたときには事実と同じ扱いに紛れ込んでしまうこともしばしばだ。

 私もブログではそのけじめを気をつけているつもりでも、読む人がきちんとそれを区別しているかどうかは心許ない。

 こうしてあることないことが増幅されて、情報として巷に溢れかえっている。もともとの発端が何だったのかわけが分からなくなったりする。いまは発言に責任が伴わない、言った者勝ちの世界だ。人が無責任に発言できるのは、発言が世の中に溢れかえっていて、その中に責任が埋没してしまうからだ。

 テレビという、言説が消費されるばかりで責任を伴わない媒体にみなが馴れてしまったところに、インターネットが普及して、誰でも言いたいことが言える時代になった。間違いや嘘や誇張が事実の中に紛れ込んでも区別のつけようがない。それを良いことに印象操作をしようとする一部マスコミもある。

 衆議院選挙を前にして、世の中がどうなっているのか、情報が溢れかえっているのにさっぱり分からない。私だけが分かっている、と胸を張る人たちが、それぞれ全く違うことを言う滑稽さに呆れている。 

 ここまで言葉が無責任に発せられていては、民主政治はますます衆愚政治の様相を呈してしまうのではないか。ではどうしたらいいのだろう。分からない。みんなうんざりしないのだろうか。

« つながらない | トップページ | 井波律子『中国文学の愉しき世界』(岩波現代文庫) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

OKCHANさん
明日10日は、衆議員選挙の公示日+北朝鮮のミサイルXデー?
トランプさんの、解決策はただ1つ。
近いうちにわかりますscissors

本当に情報氾濫の時代です。
判断が難しい時代ですね~。
我が家はCATVで外国のニュースを聞くようにしています。
日本での報道が、外国の人が見ると・・・違う報道や、理解が異なる事があります。
CNNやその他の報道は、外国から見た理解だと・・・思って聞いています。
一番面白いのは中国&韓国の報道ですね~。
2国は全て自分の国有利で報道していますから。


ちかよ様
みんなが宙ぶらりんであることに焦れて、軍事行動を容認する潮時を見ている、という可能性が高いですね。

マーチャン様
私もBSの海外ニュースを見るようにしています。
セレクトの仕方や翻訳の巧拙でだいぶニュアンスは損なわれていますが、日本のニュースとの違いは感じます。
確かに日本について勝手な思い込みをされているのを知ることも多いですね。
多分お互い様なのでしょうが。

おはようございます
やはりホセ・オルテガ・イ・カゼットの大衆論は時代を超えて正しかったと思わざるを得ません。
テレビはその大衆化にさらに悪影響を与えているようです。
では、
shinzei拝

shinzei様
マスメディアが上から目線で大衆にご託宣を垂れていますが、その大衆を愚民視する姿勢こそが大衆を愚民化する、という悪循環になっています。
そもそも自分の頭で考える人はそう多いわけではありません。
それでもそういう人が一定の数いれば世の中は何とか廻ります。
ところが現代は自分の頭で考えるべき人まで、考えることを放棄していることが問題のように思います。

小池都知事は、加計・森友問題を票のためにいまだに問題にしてます。事実より雰囲気を優先してるようです。
自分の無責任さ、お友達都政はどう思ってるのでしょう?
それでも、民進党をアッというまに分裂させた功績は評価しなければ・・・。

けんこう館様
小池都知事の神通力がいつまで持続するのか興味深いところですね。
これは彼女自身の実力と言うよりも、みなが勝手に思い込んでいる虚力のような気がしているのですが、幻影を持続させることが出来るかどうか。
けんこう館様のいう雰囲気というのはそのことでしょうか。
思い込みの度合いによるのでしょうね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« つながらない | トップページ | 井波律子『中国文学の愉しき世界』(岩波現代文庫) »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ