« 雲南旅行(14)喜洲古鎮 | トップページ | いまは期待したい »

2017年11月15日 (水)

雲南旅行(15)民族舞踊を見る・そして麗江へ

Dsc_4555

こんなささやかな舞台で待つことしばし。

Dsc_4556

舞台の袖に可愛い娘が現れて中国式の高い声で歌い出した。パンフレットも字幕もないから何を歌っているのか分からない。

Dsc_4559

この四人がメインで次々にいろいろな踊りを踊る。

Dsc_4562

このおばさんは声量が豊かで、声が場内にびんびん響く。マイクはまったく必要ないと思う。

Dsc_4565

美人というわけではないが、恥じらいに愛嬌があって、どうしてもこの娘に目が行ってしまう。

Dsc_4566

やがてフィナーレ。サングラスの西洋人風の女性はどんな役回りなのかよく分からない。西洋人であることに意味があるのかもしれない。熱心ではないがそれなりの拍手が観客からあった。最後にお茶とお菓子の接待がある。舞台の演者達が配ってくれる。三種類のお茶がそれぞれに美味しかった。

Dsc_4569

喜洲古鎮からそのまま麗江に走る。峠越えなので数年前までは四時間以上かかったが、いまは高速道路があるので二時間前後で行ける。

そういえば6年前に来たとき、この高速道路を作っていた。大理と麗江の途中に麗江の空港がある。空港から麗江の街までの道は工事中で未舗装の凄まじいデコボコ道。車の天井に頭をぶつけそうになるし、うっかりしゃべると舌を噛んだ。そんな道を運転手はぶっ飛ばしていたのを思い出した。

Dsc_4573

発電所からの送電線は独特の形をしていておもしろい。雲は低く垂れ込めている。

Dsc_4574

雲が少し薄れてかすかに青空も覗きだした。それにしても山が少し白いような・・・。

Dsc_4576

アップにすると、やはり雪のようである。明日は大丈夫だろうか。

Dsc_4577

大渋滞の麗江で時間を食ったが、ようやくホテルの麗江王府飯店に到着。ここは麗江古城の南側。麗江古城内は高層建築を建てることが許されないので二階建て。ここに三泊する。

この晩ちょっと体調を崩すがそれは後の話。

ガイドを杜さんから麗江の和さんにバトンタッチして、杜さんは大理へ帰っていった。和さんは男性。昆明の楊さんも大理の杜さんも、和さんはハンサムでいい人だと言っていた。みな顔なじみなのである。

明日の雲杉坪(うんさんぺい)へのロープウエイのチケットが一連の手違いで訂正が必要なのだと言って、和さんはチェックインをすますと、いくつかの伝達事項を伝えただけであたふたと会社へ戻ってしまった。

さいわい麗江古城は前回来ているのでだいたい分かる。荷物を部屋に置いてから、念のため地図をもらって散策を始めた。古城内の様子は次回。

« 雲南旅行(14)喜洲古鎮 | トップページ | いまは期待したい »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

あのきれいな娘さんにそっくりな美人が 昔、群馬大学にいました。土家族だとか、
今は成都の地震研究所で活躍しています。

周大兄様
愛らしい女性は見ているだけでも好いものです。
特に自意識過剰ではない恥じらいは男をとりこにしますね。
男なんかチョロいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雲南旅行(14)喜洲古鎮 | トップページ | いまは期待したい »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ