« 映画三昧(1) | トップページ | 長谷川煕『崩壊 朝日新聞』(WAC) »

2018年7月 6日 (金)

神格化

 オウム真理教の松本智津夫死刑囚の死刑が執行され、マスコミがいっせいにそれを取りあげていた。よほどの死刑廃止論者で無い限り、死刑執行は当然のことと捉えているものと思う。

 今後このような事件を防ぐためにももっと真相を話させるべきだった、などというコメントを聞いたけれど、真相を話す気があればとっくの昔に話しているはずで、今後時間をかけたからといって新たな情報が得られるなどと本気で思って言っているのだろうか。これも常套句の口パクであるように思う。

 ところで、死刑執行によって麻原彰晃(松本智津夫)が神格化するおそれがあると心配する向きもある。たしかにその可能性は否定できないだろう。だから警察は徹底して残る信者たちの動静を注視し、不穏な動きを取り締まるようにして欲しい。

 だが私が苛立つのは、そのことを語るマスコミのコメンテーターの口ぶりだ。本当に心配して語っている人はともかく、中にはなにか起きたらまたニュース種になって面白いな、と内心で思っているように見える人間がいることだ。彼は起きないことではなく起きることを願っている。それは一人ではない。それらが多くの人に伝わり、中にはそれならことを起こしてやろうではないかという動きを誘引する。私の妄想でなければ良いのだが、マスコミはしばしばマッチポンプである。

« 映画三昧(1) | トップページ | 長谷川煕『崩壊 朝日新聞』(WAC) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

マスコミに対して、これまであまり意識して見ていなかったですが、OKCHANのブログを拝読するようになり、少し見方が変わりました。日大、サッカー、相撲、オウム、不倫報道などなど。事件の内容はともかく、マスコミの報道姿勢に釈然としませんね。

すいません。先のコメントは、私です。

かんちゃんへ
水害は大丈夫でしたか。

私のブログは誰かの受け売りのところも多いですが、それを多少は頭の中で消化して自分のことばとして書いているつもりです。
そうするといまのマスコミのことばには決まり文句が多いことに気がつきます。
商売として成り立てばいいという節操のなさ、面白ければいいという考え方、人の迷惑を考慮しない態度に、報道は大義であるという大衆を見下す気持が見え隠れして、それが鼻につきます。
そういう私もちょっと偉そうでしか。

どこかの心理学者が、死刑執行で知能レベルの高い人が何故オウムでこのような事件に関わったのか分からなくなってしまった。というようなことを言ってましたが、前新潟県知事や財務官僚など知的レベルの高いといわれる人の変な行動サンプルは山のようにあります。
人権は、殺された27人+行方不明者・6000人以上の負傷者にもあります。
極刑が死刑という法律があるかぎり今回の執行は正当な行為です。(個人的には残念な面もあります。)
廃止したければ、議会制民主主義の手続きで法律改正を目指すべきです。

けんこう館様
おっしゃるとおりですね。
ただ、私は死刑廃止論者の代表という人物が死刑執行を「暴挙」と言っていたのを聞いています。
自分の信念に基づいての発言であり、気持ちは分かりますが、法律に基づく行為を暴挙というのは法律を否定することになることでもあります。
それを自覚しているのかどうか危ういところがあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画三昧(1) | トップページ | 長谷川煕『崩壊 朝日新聞』(WAC) »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ