« ブルーレイ不調 | トップページ | 加藤周一著「夕陽妄語 第一輯」(朝日選書) »

2011年11月21日 (月)

中国ウオッチ・文化財破損

中国メディアが故宮博物院をはじめとした博物館で、所蔵文化財の破損や腐食が深刻化している、と伝えた。
この件は以前にも取り上げたが、報道が繰り返される割に事態は改善されていないようだ。
記事によれば「本来なら湿度や温度が厳重に管理されるべきなのに、銅器や鉄器の腐食や錆は絶えず、驚くべき状況だ」という。
ところが中国では今、博物館ブームで、今年だけで400カ所以上の博物館が新設されたという。入場料を取って利益を上げることだけが目的の博物館なら経費を掛けて保存管理をするはずがないということか。なんと博物館で結婚式を開いているところもあるという。
またかと言われるだろうが、文化のなんたるかを見失った中国の姿を象徴しているようだ。そういえば共産主義は歴史と文化を否定する思想だった。

« ブルーレイ不調 | トップページ | 加藤周一著「夕陽妄語 第一輯」(朝日選書) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国ウオッチ・文化財破損:

« ブルーレイ不調 | トップページ | 加藤周一著「夕陽妄語 第一輯」(朝日選書) »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ