« 中国ウオッチ・ジャスミン革命の陰謀 | トップページ | 内田康夫著「黄泉から来た女」(新潮社) »

2011年11月24日 (木)

映画「愛という名の疑惑」

1992年・アメリカ。監督・フィル・ジョアノー、出演・リチャード・ギア、キム・ベイシンガー、ユマ・サーマン。
これは劇場公開時に映画館で見た。恐かった。久しぶりに見て女の恐さをあらためて実感した。
キム・ベイシンガーの蠱惑的な瞳と唇は、美人という枠を越えている。魔性の魅力である。妹役のユマ・サーマンがだんだん女っぽくなっていく様子も恐ろしい。ラストは本当に恐い。
リチャード・ギアは精神分析医の役、患者のユマ・サーマンを治療する過程で姉のベイシンガーに会う。精神分析という治療法は、ある意味で壮大な砂上の楼閣でもある。アメリカはそれを大まじめで権威付けしているが、この映画はその隙間を突いたものだ。

« 中国ウオッチ・ジャスミン革命の陰謀 | トップページ | 内田康夫著「黄泉から来た女」(新潮社) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「愛という名の疑惑」:

« 中国ウオッチ・ジャスミン革命の陰謀 | トップページ | 内田康夫著「黄泉から来た女」(新潮社) »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ