« 時代屋 | トップページ | 五十嵐貴久著「誘拐」(双葉社) »

2011年11月14日 (月)

江國滋著「遊び本位」(旺文社文庫)

江國滋は熱狂的な阪神ファンである。江夏とも交友があった。阪神の内紛についてこころから悲しむ。誰も悪い人はいないのになぜそうなのか。そうして巨人はなぜ内紛が表に出ないのか。新聞社がオーナーであることを理由に挙げている。(そうしたら巨人も清武問題から内紛が露呈した。ただこれはチームの問題ではないが)

江國滋は麻雀が大好きである。名人・阿佐田哲也直伝の腕前である。その交友録が語られる。

江國滋の旅と出会いが語られる。そして自分の青春時代、最も得意とする書評が語られる。内田百閒、山口瞳、江藤淳、等々。その辛口の面々の厳しさの内側にあるやさしさまで読み取る。この人は甘さが嫌いなのだ。男は仕事はもちろん遊びにも甘えがあってはならない。それがこの人の生き方なのだ。

江國滋・1997年、満64才を目前にして食道癌で死去。カードマジックはプロをうならせるほどの腕前。また俳句もする。

辞世「おい癌め、酌みかはさうぜ秋の酒」。

« 時代屋 | トップページ | 五十嵐貴久著「誘拐」(双葉社) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江國滋著「遊び本位」(旺文社文庫):

« 時代屋 | トップページ | 五十嵐貴久著「誘拐」(双葉社) »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ