« 性別格差ランキング | トップページ | 中国ウオッチ・領海侵犯漁船船長逮捕について »

2011年11月11日 (金)

中国ウオッチ・国連分担金

北京のメディアが国連分担金について「国連加盟国193カ国のうち2011年度の国連分担金の支払いが完了している国は134カ国にとどまっている。滞納している国には常任理事国であり、分担金最大負担国であるアメリカが含まれている」と報じた。併せて「中国の分担率は2000年からどんどん上昇しており、10年間で2倍以上に増えている」という。

アメリカは2011年度だけでなく、実は2010年度も完納していない。国連での負担率は確かに22%と群を抜いて大きいが、発言権はそれ以上である。次いで日本が12%、ドイツ8%、英国8.6%、フランス6.1%、イタリア5%、カナダ3.2%、中国3.2%と続く。

中国は今、国連で日本の数倍もの発言権を持ち、経済も日本を抜いてしまった。アメリカの滞納を問題視し、中国の負担金が2倍以上になったというが、負担金が少なすぎるのではないかと思うがいかがか。アメリカの向こうを張るならせめて15%くらい負担してから偉そうなことをいってくれ。

« 性別格差ランキング | トップページ | 中国ウオッチ・領海侵犯漁船船長逮捕について »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国ウオッチ・国連分担金:

« 性別格差ランキング | トップページ | 中国ウオッチ・領海侵犯漁船船長逮捕について »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ