« 映画「アイス・カチャンは恋の味」 | トップページ | 中国ウオッチ・ニセ薬 »

2011年11月23日 (水)

談志が死んだ

談志が死んだ。回文になった。死んでも笑わせる。落語に限らず芸能全般に対して、あるべき世界観を持ち、辛辣な言動を貫いた。

哀しかったのだろう。好きな世界が何も分からない田舎ものに席巻されていったことが。大好きだからこそ、愛しているからこそ毒舌で悪態をついた。

芸能は見たい人が金を出して見に行くものだった。金を出したからにはまずいものはとことんけなす。そうやって芸は洗練されてきた。

テレビがそれをぶちこわした。ただで芸を見せる芸人、ただで芸を見ている大衆が、芸を損なっていく。

それは芸の世界だけだろうか。テレビは人間そのものを損なっているのかもしれない。

独りよがりの談志に今夜は一人で哀悼の杯を捧げよう。

« 映画「アイス・カチャンは恋の味」 | トップページ | 中国ウオッチ・ニセ薬 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 談志が死んだ:

« 映画「アイス・カチャンは恋の味」 | トップページ | 中国ウオッチ・ニセ薬 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ