« 中国ウオッチ・都市化 | トップページ | 「清末見聞録(清国文明記より)」・北京近郊の名勝・万寿山① »

2012年2月15日 (水)

仲正昌樹著「なぜ『自由』は不自由なのか」(朝日新聞出版)

 副題『現代リベラリズム抗議』として24講にテーマを分けて「自由」について論じている。かなりまじめな本で、哲学や政治学の文献からの引用も多く、歯ごたえがある。

 私の妄想によれば、自由とは無重力みたいなもののようだ。ものには質量があり、引力がある。他者との関係が生ずれば互いに引力が生じ、重力が生じて無重力ではなくなる。人は一人では生きていけない。無人島に一人でいても自然があり、生きるための生活がある。

 完全な自由を求めても、そんなものはそもそもあり得ないのだ。自由を求めれば求めるほど不自由になるという、実は当たり前のことをこの本は徹底的に明らかにする。

 自己決定と自己責任についての詳細な分析は秀逸だ。じっくりと考え直してみたいテーマである。

 全般的に少し集中力に欠ける読み方をしてしまったので、淺読みになった。やや文章のリズムに私と合わないところがあって・・・というのは言い訳か。

« 中国ウオッチ・都市化 | トップページ | 「清末見聞録(清国文明記より)」・北京近郊の名勝・万寿山① »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仲正昌樹著「なぜ『自由』は不自由なのか」(朝日新聞出版):

« 中国ウオッチ・都市化 | トップページ | 「清末見聞録(清国文明記より)」・北京近郊の名勝・万寿山① »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ