« 中国ウオッチ・欧州支援 | トップページ | 女は港、男は舟よ »

2012年2月 4日 (土)

中国ウオッチ・暴論二題

 日本政府が尖閣諸島周辺の無名の島に名前をつけると発表してから、中国政府を始め反日的な物言いがいくつか成されている。中国政府は国内向け的なポーズの意味で言っているところがあるのでおいておくとして、特に極端なものがあったので紹介する。
 北京大学の孔慶東(コンジンドン)教授(過激な発言で知られる)は「日本の暴挙に対抗できるのは戦争だけだ。中日関係を徹底的に解決するには説得だけでは無理である。武力に訴えなければ効果的な結果は得られない」と呼びかけているそうだ。
 なんと島に名前をつけたから戦争を仕掛けろと呼びかけているのだ。名前をつけることが暴挙なら戦争は暴挙ではないのだろうか。こんなむちゃくちゃな教授が北京大学にいるというのが信じられないが、中国ではどう見られているのだろうか。だいたいこういうおっさんは、自分や自分の家族が戦争に行くとか戦禍に遭うなどと言うことは全く思考のうちにない。たぶん文化大革命時代に紅衛兵をやって多くの人をリンチにかけて平然と生き延びた人間かそのたぐいだろう。
 

 中国のある海洋専門家が、先月中国の漁船が韓国の排他的経済水域で違法操業して韓国海洋警察に暴行を受けた事件が中国で話題になっているのを受けて、「中国政府は再三韓国政府に道義的な対応を求めてきたのに、このような暴力事件を起こすとは韓国は非常に悪辣である」と述べた。この事件の際に韓国海洋警察側にも負傷者がでたのだが「それは韓国の言い訳のためのでっち上げに違いない。韓国海洋警察はそもそも暴力的であり、中国漁民をやりたい放題に殴打して被害者のように装っている」と断定した。そして「中韓国交正常化20年の年にこのような事件が起こったことを韓国政府は軽視すべきではない。改めなければ両国の関係に甚大な影響を与えるだろう」と中国政府の代わりに警告した。

 中国政府もたいへんである。こういう暴論にそそのかされる人間は必ずいるものだが、暴論で扇動した当人は途中で必ず姿をくらますもので、責任などとらない。結局最もバカなのは考えもなしにアジテーションに乗ってしまう輩なのだ。これをコントロールしなければならない。これは韓国にも数多くいる(なんとなく韓国の方が割合が多そうだ)から、ののしりあいが続くだろう。しかし考えようによっては中国もこのようなことすら平然と言える国になったのだ。めでたい。

« 中国ウオッチ・欧州支援 | トップページ | 女は港、男は舟よ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国ウオッチ・暴論二題:

« 中国ウオッチ・欧州支援 | トップページ | 女は港、男は舟よ »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ