« 中国ウオッチ・拘束されたが解放される | トップページ | 内田樹著「期間限定の思想」(晶文社) »

2012年2月 1日 (水)

映画「ねこばん」

 WOWWOWで見た。猫がやたら出てくるので猫好きはそれを見てるだけで楽しいが、あまり好きでなかったり、嫌いだったらお勧めできかねる。
 主人公の初老の男(伊武雅刀)は電車の運転手をしていたが、定年退職して3ヶ月、暇をもてあましている。妻は習い事などで出歩いてばかりで相手をしてくれない。今日は嫁に行った娘が孫娘を連れてきた。同窓会に行くから面倒を見てくれという。家事をしたことなど一度もなく、孫の面倒を見たこともない男は困惑するが、娘も出かけてしまい、孫娘とふたりきりになる。孫娘は全くなつかない。むすっとした顔でひとりで遊んでいる。
 そんな家の中へ子猫が上がり込んでくる。普段なら追い出すところだが何となく放っておくと次から次に猫がやってくる。頼まれていた家事を片付けたり、孫娘に昼飯を出したり、イヤイヤながらやらざるを得ないことをしたあと、はしごをかけて二回の屋根の上に上がり、ぼんやり空を見る。そこにまた猫がやってきて・・・。その猫の首にはパンティが巻かれていて・・・。
 どうでもいいことが次々に起こるうちに突然男は窮地に陥る。うっかりしてはしごを落としてしまうのだ。高い屋根の上で途方に暮れるうちに自分と家族との関係にぼんやりと気がついていく。ラストが飛び降りるところで終わるとちょっとブラックでいいと思うのだがそうなっていない。
 妻の役のりりィが懐かしい。結構時々見るけどね。こんな映画もある。

« 中国ウオッチ・拘束されたが解放される | トップページ | 内田樹著「期間限定の思想」(晶文社) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ねこばん」:

« 中国ウオッチ・拘束されたが解放される | トップページ | 内田樹著「期間限定の思想」(晶文社) »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ