« 「イクメン」キャンペーン | トップページ | 佐々木譲著「廃墟に乞う」 »

2012年2月13日 (月)

中国ウオッチ・慣れるべきだ

 国連の対シリア決議案はロシアと中国が拒否権を発動して否決された。シリアのアサド政権は強気になって反政府活動に対していっそう強硬な行動に出ている。世界のマスメディアはこぞってそれを非難している。

 北京日報は中国を非難する報道に反論し「中国は西側と異なる政治と伝統の文化の遺伝子を持っている」ので拒否権発動は「当然のこと」と主張し、「西側諸国が自国の利益を元に自国の主張に基づく行動をしてきたように、中国もそうする」のだから「世界は中国が拒否権を行使することに慣れなければならない」との主張を掲載した。

 まことにもっともである。日本もアメリカの鼻息をうかがって追従ばかりしないでこれくらい毅然としてほしいものだ。

 中国が言いたいのは、これからは、世界は中国の拒否権に慣れなければならないし、中国の横暴にも慣れなければいけないと言いたいのだろう(もってのほかだが)。

 中国は今までシリアへ投資してきた自国の利益のために、そしてこれからの利権拡張という目的のためにアサド政権の存続を望んでいるのだろう。

 だがアフリカは変わりつつある。中国の思惑通り行くかどうか予断は許さない。アサド政権が倒れたとき、かえって中国は不利益を被ることになりはしないだろうか。まあ中国のことだ。それでもめげずに次の手を打つだろう。アメリカみたいに嘘の大義名分を振りかざさないだけましかもしれない。

« 「イクメン」キャンペーン | トップページ | 佐々木譲著「廃墟に乞う」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国ウオッチ・慣れるべきだ:

« 「イクメン」キャンペーン | トップページ | 佐々木譲著「廃墟に乞う」 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ