« 椎名誠「日本細末端真実紀行」(日本交通公社) | トップページ | 剛力彩芽と明子 »

2012年12月13日 (木)

映画「恋するナポリタン~世界で一番おいしい愛されかた~」2010年日本映画

 監督・村谷嘉則、出演・相武紗季、眞木大輔、塚本高史、市川亀治郎。

 事故で二人の人間の魂?が入れ替わってしまう、と云うストーリーは使い古されていて、またか、とうんざりする。と云っても片方は死んでしまうので、厳密には入れ替わる訳ではない。

 相武紗季はえくぼが魅力的で、とてもかわいいが、この映画を見ていて結構いろいろな表情があり、思ったより美人に見える時があることを知った。彼女の扮する佐藤瑠璃という女性のキャラクターこそがこの映画の主要部分である。

 あり得ない出来事を周囲が受け入れだしても、瑠璃だけは頑なにその事態を拒否し続ける。そして誰もが思い描くであろうストーリーを辿らずに物語は進んでいく。そして彼女の本当の気持ちが見ている我々にも得心された時、心からおめでとう、と云う言葉の意味が分かる。

 EXILEの眞木大輔も相武紗季も決して俳優として優れてはいないから、やや危ういところはあるのだが、ストーリーの良さに助けられて一応破綻せずに映画は終了する。嘘くさい設定だったが、映画として一応合格である。

« 椎名誠「日本細末端真実紀行」(日本交通公社) | トップページ | 剛力彩芽と明子 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 椎名誠「日本細末端真実紀行」(日本交通公社) | トップページ | 剛力彩芽と明子 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ