« 映画「カウボーイ&エイリアン」2011年アメリカ | トップページ | トンネル崩落について »

2012年12月 4日 (火)

安保適用

 アメリカの上院で日米安保条約の尖閣諸島への適用を確認した国防権限法案の修正案を可決した。下院でも間もなく可決する見込みで、オバマ大統領が最終的に署名することで確定する。

 中国政府は「アメリカは尖閣問題については特定の立場をとらない」と云ってきたのにこれは言行不一致であるとして、断固反対を表明した。

 断固反対、と云ったってよその国の決議に中国が参加する訳には行かないのだ。それに最初からアメリカのクリントン国務大臣は、尖閣諸島は安保適用範囲である、と言明していた。だから首尾一貫している。言行不一致などではない。中国を訪問した人間が中国を刺激しないように言葉を選んでいたに過ぎない。

 アメリカのこの決議は、中国に軍事行動をさせないことにつながる。だから中国は何年かかっても軍事行動一歩手前での威嚇示威行動を続けていくことだろう。日本もひたすらそれに耐え続けなければならない。海上保安庁がんばれ。それにつけても海上保安官の募集に応募が沢山ある、と聞くと日本の若者は捨てたものではないと嬉しくなる。たとえそれが「海猿」の影響であろうとも。いや、だからこそか。意気に感ずる若者がちゃんといると云うことなのだから。中国では海監のなり手がいないらしい。

« 映画「カウボーイ&エイリアン」2011年アメリカ | トップページ | トンネル崩落について »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安保適用:

« 映画「カウボーイ&エイリアン」2011年アメリカ | トップページ | トンネル崩落について »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ