« 映画「完全なる報復」2009年アメリカ映画 | トップページ | 教育再生プログラム »

2012年12月22日 (土)

椎名誠「焚火オペラの夜だった」(文藝春秋)

 週刊文春連載のエッセイ・赤マントシリーズの第12弾、2001年刊行の本の再読である。椎名誠の子ども二人は既にアメリカ暮らしをしており、夫人も何度目かのチベット長期滞在中である。この本の中では夫人と中国で合流し、成都からチベット旅行をしている。

 二十代や三十代の時とは違うからあまり無茶もしていないが、それでも五十過ぎのおっさんとは思えないほどエネルギッシュだ。何より感心するのは殆どドライデー無しでガンガンとビールを旨そうにのみ、深酒をしていることだ。この人は本当に肝臓が強いみたいだ、うらやましい。

 この人は四六時中旅をしている。うらやましいことである。私も懐さえ許せば毎日旅をしたいところだが、今は自重している。出かけたい思いがある程度たまったら、またカメラを担いで出かけることにしよう。月並みな言い方だが、旅で見る世界は普段見ているものとは違って新鮮なのだ。

« 映画「完全なる報復」2009年アメリカ映画 | トップページ | 教育再生プログラム »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 椎名誠「焚火オペラの夜だった」(文藝春秋):

« 映画「完全なる報復」2009年アメリカ映画 | トップページ | 教育再生プログラム »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ