« 信号は守ろう | トップページ | 映画「アパルーサの決闘」2008年アメリカ »

2012年12月 1日 (土)

映画「アリス・クリードの失踪」2009年イギリス

 監督J・ブレイクソン、出演ジェマ・アータートン、エディ・マーサン、マーティン・コムストン。

 出演は三人だけ。二人の男が何かをひたすら準備している。工具やインテリアを買い込み、部屋を改装する。全く会話がないままその支度らしきものが一段落した後、突然女性の誘拐シーンに移行する。

 この誘拐される女性がアリス・クリード(ジェマ・アータートン)で、彼女は大金持ちの娘であり、彼女を人質として身代金を手に入れようというのだ。

 映画は誘拐犯とアリスのみを最後まで追い続ける。最初は全く関わりを持たないはずの三人の間に人間関係が生ずる。物語は二転三転、完璧な準備のもとに行った誘拐事件が次第に破綻していく。

 イギリス映画独特のパンフォーカスでクリアかつダークな味わいの映像がとても良い。ストーリー展開もすばらしく、少しもだれることがなくて意外性に富んでいる。いやあ楽しめた。

« 信号は守ろう | トップページ | 映画「アパルーサの決闘」2008年アメリカ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「アリス・クリードの失踪」2009年イギリス:

« 信号は守ろう | トップページ | 映画「アパルーサの決闘」2008年アメリカ »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ