« 女性をバカにする? | トップページ | レオポール・ショボ(山本夏彦訳)「年を歴た鰐の話」(文藝春秋) »

2016年4月17日 (日)

会田雄次「新選 日本人の忘れもの」(PHP)

Dsc_5310

 昭和52年(1977)出版の「表の論理・裏の論理」、昭和55年(1980)出版の「逆説の論理」、昭和47年(1972)出版の「日本人の忘れもの」の三冊から抜粋し、一冊にした本である。

 会田雄次といえば、ビルマのラングーン(現在のミャンマーのヤンゴン)にあったイギリス軍統治の捕虜収容所での経験をもとに、西洋文明の本質とは何かを考えぬいて書いた「アーロン収容所」で知られる。この本を若いときに読んで、文化の違い、人間の違いというものについてずいぶん考えさせられた。

 常に著者の根底にはそれがある。それと、こちらの本にしばしば念を押すように書かれているのは「人間とは哀しいものだ」ということばである。過去の日本人にはごく当たり前に理解出来るこのことが、西洋人には不思議な思考にしか見えないのではないか、と著者は云う。しかもその「人間とは哀しいものだ」という思いを、今の日本人は失いつつあるのではないか、という嘆きのようなものが読み取れる。

 たぶん中国や韓国でもそのような「人間とは哀しいものだ」という思考は希薄であるように感じる。

 正しいか正しくないか、という論議が喧しい。しかし物事には半分正しくて半分正しくないこともあるし、ほとんど正しくないけれど、少しだけ正しいこともある。それは人間が全く正しい人と、全くの悪人がいることなどないのと同じで、当たり前のことなのに、それが見えなくなっている。

 池波正太郎が鬼の平蔵の口から、人は悪事ばかりしていても、ときに思わず善行をしたりするものだ、と語らせる言葉にも表れていて、その意味は私などには即座に理解出来る。自分が不実な人間であることを知っている。不実であることを知っていれば、どうにかそう見えないように実を込めようと意識するものだ。

 いま、民進党などが昔の社会党とおなじように、何でも反対、といっている。安倍政権の政策に不満なところもあるけれど、この点は賛成だ、という冷静な、是々非々の論議を行おうとしているように見えない。安倍首相は悪者だから、すべて否定する、という姿勢である。まるで毒を吐く怪物であるかのようにあしざまに言う。

 その、自分は正義だから相手は悪、という物言いにはうんざりしている。谷沢栄一が「正義の味方の嘘八百」という本を書いていて、その怒りはよく分かった。なにさまのつもりなのか、と言う物言いが、代議士ばかりでなく、マスコミでも頻繁に聞かれるのは嘆かわしい。そう書いている私も同様か。

 なぜそうなるのか、それがこの本に著者流に解析されている。一部釈然としないこともあるが、それは書かれた時期と現代との時代差によるものかも知れない。現代はこの本が書かれたときよりも、より嘆かわしい状況なのだろうか。

« 女性をバカにする? | トップページ | レオポール・ショボ(山本夏彦訳)「年を歴た鰐の話」(文藝春秋) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 女性をバカにする? | トップページ | レオポール・ショボ(山本夏彦訳)「年を歴た鰐の話」(文藝春秋) »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ