« 関谷文吉「魚味礼賛」(中公文庫) | トップページ | イタチの何とやら »

2016年5月 1日 (日)

トランプ難民

 大統領選挙がにぎやかなアメリカで、トランプ候補が共和党の代表候補に決まり、そのまま大統領に選ばれてしまう可能性が出て来た。日本で、他人事として見ていても心配なくらいだから、ある程度良識のあるアメリカ人の中には、ずいぶん深刻に事態を憂慮している人もいる。

 日本に長期滞在しているあるアメリカ人が、トランプが大統領になったら日本に帰化したい、と言っているのをテレビで見た。全くの冗談ではないように見えた。アメリカでも、隣国のカナダに移住しようという人々が少なからずいるという。カナダ人に簡単になれるわけではないが、カナダには移住を受け入れる姿勢があるので、手順を踏めば十分可能であるらしい。

 実際に、ジョージ・ブッシュの二期目のときに、カナダへの移住者が急増したことがあるという。

 トランプが大統領になるような国には希望がない、と考える人の気持ちがわかるような気がする。トランプはアメリカをどういう国にしたい、と言うビジョンなどないように見える。ただただ大統領になってみたい、と思っているだけで、なってからのことなどなにも考えていないとしか見えない。

 彼を支持するのはブルーカラーの人々、いまのアメリカという国に不満をつのらせている人々で、誰かのせいで自分が不幸せになっている、と心の底から思っている人々である。だからトランプが、エスタブリッシュたちが悪いと言えば喝采し、中国や日本が悪いと言えば拍手喝采する。敵を示してくれるということは、自分の不幸は自分には一切原因がないと思わせてくれて、快感なのだろう。

 だから、いま不幸せではないアメリカ人たちにとって、トランプが大統領になるような国は、トランプだけではなく、国民の多くがそのような幸せな(つまり豊かな)人を否定する可能性が大いにある、と感じているのだ。そのことが直接的に危機感を感じさせるし、トランプのような思考の人々が支配する国の将来が、明るいものであるはずがないことも感じているはずだ。つまりアメリカが(一時的かも知れないが)著しく衰退してしまうかも知れない、と感じているのだろう。

 香港の、特に豊かな人々が、香港の中国への返還が決まってから、移民としてイギリスや台湾などへ大挙して移動した。中国は少なくとも一国二制度を認め、香港を中国式にしない、とイギリスに、そして香港の人々に約束したけれど、それが有名無実になりつつあることは結果が示している。最初は移民した人々の杞憂である、と笑っていた人々も、いまはそれを考え直しているだろう。香港経済も中国にどんどん吸い取られて、次第に香港の資産は失われ、香港の香港らしさも消滅しつつあるのではないか。

 アメリカが、トランプによってそのようにおかしなことになるかも知れない、というのは杞憂だろうか。私はあながち杞憂ではないと思う。トランプが大統領にならなくても、多くのアメリカ人の考えがそのような排他的で利己的で、内向きなものであることをトランプは明らかにしてしまった。そうなればクリントンが大統領になったとしても、そのアメリカ国民の意向を無視することばできないはずだ。

 世界にとって恐ろしい時代がくるような気がする。

« 関谷文吉「魚味礼賛」(中公文庫) | トップページ | イタチの何とやら »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
トランプ旋風はアメリカ人の知的水準の低さのせいだ、という意見が出回っているようですが、
もちろんそれもあるでしょう。
しかし、私見ではやはり民主主義が衆愚政治に変わる”宿命的な”変化がアメリカで起こっているのでしょう。
所詮民主制は衆愚制に変わるのが宿命ですから・・・。
では、
shinzei拝

shinzei様
shinzeiさんの持論どおりの事態の推移ですね。
アメリカはたぶんこの事態をなんとか自己修復するでしょうが、アメリカ国民の本音を反映せざるを得ないとすれば、過去のアメリカの失敗を繰り返し、ついにはアメリカ自身の没落を招く事態になるかも知れません。
それが他人事のままなら良いのですが、世界中がその影響を受けることを思うと・・・。
中国とロシアは歓迎しているでしょうけれど。

ちょっと(だいぶ)話変わりますが、以前テレビでアグネスチャンが、中国・韓国の歴史観は正しくて、日本がおかしいと力説してました。そんなアグネスチャンは、イギリス国籍の香港人だそうです。
中国籍の香港人とは違う安全圏にいるようです。ある意味もっとも中国人らしいかもしれません。

けんこう館様
知りませんでした。
アグネスチャンは「ひなげしの花」を可愛い声で歌っていたことしか覚えていません。
ひなげし、というのがポピーであることをそのとき知りました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 関谷文吉「魚味礼賛」(中公文庫) | トップページ | イタチの何とやら »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ