« 迷惑メール再び | トップページ | 住野よる「君の膵臓をたべたい」(双葉社) »

2017年4月26日 (水)

そう思っていても言わない

 今村復興大臣が辞表を提出した。東北大震災が「東北で良かった」と失言したことの責任を取らされたのである。復興の責任者がこんな人物では、震災被害を受けた人々はやりきれない思いだろう。

 大震災が東京や大阪の直下で起きれば、その被害を受ける人数は一桁も二桁も多くなるし、経済的な被害も計り知れない。そういう計数的な面からの比較の意味で「東北で良かった」と云ったのであろうことは、誰にも分かることである。

 だれでも内心ではそう思っているはずだと考えて、今村大臣は二階派のパーティのスピーチの席でそう発言したら、みなが凍りついたという。

 政治家は言葉のプロであり、マスコミや野党は文脈を無視して言葉尻を捉えるプロである。政治家が失言するのは政治家として失格であることは言うまでもない。どうしてこんな愚かな発言をするのだ、と安倍首相は天を仰いだことだろう。ハラの中は煮えくりかえっているに違いない。

 今村大臣はまさか、大震災が東北で起きたことそのことが良かったと言っているわけではないだろう。だが「東北で良かった」という言葉尻から、そう取られて非難さてしまうということに想像が及ばないで、いまさらのようにうろたえているのは滑稽である。

 パーティの席上の人々の内心の思いを忖度して発言したつもりで人々の顰蹙を買ってしまったけれど、その忖度のかけらでも東北の被害者たちの心に向けていれば、こんな発言が飛び出すはずはない。そもそも復興相とはどんな役割かについての認識がなかったことを露呈したので、本質的に国民を経済(つまり損得)でしか見ることのできない、政治家として不適格な人間なのだろう。もう再起はあり得ないし、あるとしたら彼を再び選ぶ有権者の見識に問題がある。

 「東北で良かった」という言葉は経済の視点から出た言葉であって、経済の視点と国民の生命財産の問題を区別して考えることができない人間は政治に携わるべきではない。ビジネスと政治は似て非なるものだろう。それがわからなくなっている政治家が自民党に蝟集しているのであれば、そしてそういう体質のままなら、失言はいくら注意しても続くだろう。そう感じさせる失言であった。このままなら自民党の独走は終わるだろう。

« 迷惑メール再び | トップページ | 住野よる「君の膵臓をたべたい」(双葉社) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

自民党には当選回数の多い大臣待ちが50人以上いるそうです。
ふさわしくない人も大勢いそうです。
こんな時こそ、野党の得点チャンスですが、たぶん無得点で終わるでしょう。

けんこう館様
今回の失言のあまりのお粗末さは、けんこう館様のおっしゃるように相手の得点にはなりませんが、自らを大きく損なうものになりました。
崩壊は必ず内部から生じます。
それがどれだけ自民党の面々にわかっているのか、心許ないことですね。
今回今村大臣の辞任の弁が、「国民にご迷惑をかけ・・・」です。
バカかと思いますね。
迷惑をかけたのは国民に対してではなく、自民党に対して、そして安倍首相に対してであったことがわかっていません。
それは二階氏も同様であることが露呈していて、二階派は崩壊するでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 迷惑メール再び | トップページ | 住野よる「君の膵臓をたべたい」(双葉社) »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ